【ボードゲーム紹介】王様ゲーム〜死のカードゲーム〜

仲間との信頼を試される、王様ゲーム

タイトル:王様ゲーム〜死のカードゲーム編〜

デザイナー:スロウカーブ/カラメルカラム

プレイ人数:3〜8人

プレイ時間:10〜15分

どうも、がんちゃんです!

王様ゲームといえば、みんなが想像するのはもちろんアレですよね。

王様だーれだってやるやつ。実はあれ実際にやったことってほとんどなくて盛り上がり方がわからなかったりしてます。

はい、というわけで今回はそんなみんなの知っている王様ゲームではありつつも、命令内容が残酷な王様ゲーム!命令を行えなければ死ぬというものが題材になっている様子。

このゲームは元々モバゲーの携帯小説が元になったものらしく、アニメもできていたりという感じらしいです。

それではいってみましょー!

使うもの

数字カード1〜6

命令カード12枚

使うものはこれだけなので省スペースで遊べて素晴らしい◎

ゲームの準備

数字カードをそれぞれ1枚ずつ配ります。(カードの絵は同じように見えますが、全て違うので1〜6までのカードがそれぞれ1枚ずつあればOK)

奇数が男子のカード、偶数が女子のカードになっているみたいですね。

なにか意図はあるんだろうか?と少し思いました。

そして命令カードを裏向きでよくシャッフルし、山札として置いておきます。

これで準備完了!ルール説明に移ります。

ゲームのルール

大前提として、このゲームは手札がある限りは必ず命令をこなさなければいけません。

手番は全員同時に行います。

まず最初に、山札として置いておいた命令カードを上から1枚めくります。

そして、命令カードの命令に従って数字カードを裏向きで1枚選び、全員が選び終わったらカードを公開します。

※こちらは順番に出していって捨て札として置いている写真です。

【カードの出し方のポイント】

カードを出す際、事前に相談してもいいですし、出すカードを宣言してもOK。

この時、嘘をついてもいいです。ただし嘘つきすぎると一緒に遊んでいる人の信頼を失うので気をつけてくださいね!

「王様ゲームの場合命令に従って行動を行う」ですが、このゲームの場合○○が脱落するという命令が基本なので、命令内に書かれていることをいかに回避するか、といったことが重要になってくるゲームですね。

ただし、命令カードの引き運によっては、さっきのカードを使わなければよかった…みたいな状況が多発するので運要素は結構強めなのかなと思います。

命令カードの一部をご紹介

・一番大きな(小さな)数字カードを出したプレイヤーが脱落する。

・場に出ている男子カードと女子カードの枚数を比べ、少数派が脱落する。

・他のプレイヤーと同じ数字を出していないプレイヤーが脱落する。

などなど…

上記のように、命令カードによって対象となるプレイヤーは変わりますが、対象になっているプレイヤーが脱落する。といった形のものがほとんど。

一部、命令内のルールで勝利したプレイヤーが脱落するプレイヤーを指定できたりするものもあるっぽい?

【特殊ルール(バッティング)】

他のプレイヤーと同じ数字カードを出した場合、バッティングといって命令の対象から外れることができます。

例えば、一番大きい数字を出したプレイヤーが脱落するという命令の時に6の数字を出したプレイヤーが2人いたとします。

その場合、6を出したプレイヤーは命令の対象から除外され、5の数字を出したプレイヤーの中から一番大きい数字を出したプレイヤーが対象となります。

同時に複数バッティングが起きることもあり、全員がバッティングするとその命令では何も起こらず、命令を回避することができます。

※バッティングは誰かと同じ数字ならOKなので全員が6じゃなくても大丈夫です。3が2枚、6が2枚でも、それぞれバッティングしているので命令回避扱いになります。

つまり事前に話し合って6から順に出そうってなったら命令を全員回避できて、ゲーム性が失われるのでは?と思ったりしなくもないですが、まだ見ぬ命令カードの中にそれを回避するカードが入っていることを祈りましょう。

終了条件

手札の数字カードを6枚全部出し切る(6つの命令カードをこなす)、もしくは全員が脱落となった時点でゲーム終了です。

手札を出し切った時点で生き残ったプレイヤーの勝利。

手札カードを出し切れず、全員が脱落した場合は全員負けとなります。

やってみての感想

全員が脱落っていう状況があまり想像できないな…と思いましたが、手札がある限りはプレイしなければいけないというルールを考えると早い段階で1人になってしまうと、どの命令が出ても自分が脱落対象になってしまうから誰かを残したまま最終ラウンドまで行かないと勝てないという仕組みになっている部分は面白いなと思いました!

全員事前打ち合わせでバッティングさせて命令を回避して全員生存…ということが果たしてできるのかどうか気になりますが、ゲームで遊ぶ身としてはそんなのはつまらないので、一度は裏切って欲しいですねw

僕が遊んだ時は、捨て札を公開した状態で遊んでいたのですが、何を使ったかわかないようにした方がもっとゲーム性が出るかなと思ったのでそちらを試してみて欲しいです!

みんなで助かる道を選択するか、自分だけ生き残る道を選択するかは貴方次第!

プレイ時間ば短めですが、引けた命令カードによって状況がかなり変わるので面白く楽しめるゲームでした!ぜひ一度遊んでみてください!

余談ですが、調べたところアニメ版は結構不評みたいですね…w

どれぐらい酷いのか逆に気になるので今度見てみようと思いますw

というわけで今回はここまで!

また次回〜

ブラフ系が好きな人向けおすすめゲーム

ファブフィブ

ダウト+チキンレースの要素を持ったカードゲーム

前の人が引いた数字カードと宣言した数字が違うかどうかを選択し、自分が宣言する際は前のプレイヤーが宣言した数字より大きい数字を宣言しなければいけないというゲーム

こちらも場所を取らないかつ時間短めなので、サクッと遊ぶのにはおすすめ!

記事はこちら

バッティング要素が好きな人向けおすすめゲーム

バッティンドーナツ

ドーナツ店の店長となって、売れるドーナツカードを予想しながら出していくカードゲーム

わざとバッティングさせたり、バッティングしないように出したりとバッティングメインのゲーム性ではあるが駆け引きの要素あり!?

パッケージに食品系のラベルが貼ってあって個人的なお気に入りポイントですw

記事はこちら

その他のゲームも気になる方はこちら

紹介ゲーム一覧

ぴこすオリジナル番組ボードゲームプラネット

ボードゲームを楽しく遊んでいく番組【ボードゲームプラネット

youtubeチャンネルあります!↓

※動画の撮影、編集、配信はぴこすスタジオで行っています!

動画の出演者もまだまだ募集しています!詳細はこちら

動画収録風景記事も公開しました!ご参考までに見てみてください。記事はこちら

出演にあたってどういうことをするのか聞きたい!等ご質問ございましたら、気軽にお問い合わせからご連絡ください。お待ちしてます。

がんちゃんプロフィール
 鳥取県出身、千葉在住の27歳男子
 25歳の時にスーパーの仕事を辞め、思い切って上京。
 仕事先の繋がりでボドゲカフェに行き、見事ボドゲにハマる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする