設備

スタジオ見取り図

スタジオ内風景 コントロールルーム風景

主な機材一覧
ダイナミックマイク
Behringer XM1800S × 3
CLASSIC PRO CM5 × 2
Beyer M58 x 1
コンデンサーマイク
RODE NT1-A × 1
BEHRINGER C-3 × 1
マイクスタンド
CLASSIC PRO MSBマイクスタンド × 4
CLASSIC PRO MSST × 1
ヘッドホン
SONY MDR-CD900ST × 1
SONY MDR-XD150 × 1
AKG K77 × 2
ミキサー
ALLEN&HEATH ZED-10 × 1
予備機:Behringer XENYX 802 × 1
Webカメラ
Microsoft LifeCam HD-3000 × 1
Microsoft LifeCam Studio × 1
iBUFFALO BSW20KM11BK × 1
ビデオカメラ
SONY HDR-SR1
PC
メイン機:Windows PC × 1
サブノート:Panasonic Let’snot CF-B10 × 1
ソフトウェア
Vegas Pro 16 (Win)
SONY MovieStudio12 (Win)
SONY ACID (Win)
SONY Audio Studio 10 (Win)
モニター
24inch × 3
21inch × 1
スピーカー
サンワサプライ MM-SPSBA2
液晶テレビ・パソコン用サウンドバースピーカー(簡易チェック用)
インターフェイス
Roland UA-1G × 1
AVerMedia GC550
I-O DATA GV-USB2
ポータブルレコーダー
TASCAM DR-07 × 1
動画配信時の一般的なレイアウト

スタジオ内をセッティングした様子 パソコンデスク

配信用PCとミキサーはコントロールルームにあります。
スタッフがいる場合は、コントロールルームで操作を行いますが、モニターやキーボードはレコーディングルームからもコントロールすることが出来ますので、セルフレコーディングでの利用も可能です。
別途ノートPCを常備してありますので、コメント閲覧専用などで利用すると便利です。

セルフレコーディング例

セルフレコーディング例1

サブミキサーとコンデンサマイクとポータブルレコーダーを利用したPCを使わない構成例です。
収録だけを行って、帰ってから編集するなどの場合は、このような設定を行うこともできます。
SDカードが必要になります。

セルフレコーディング例2

波形編集も少し行いたい場合などは、PCにUA-1Gを接続して利用する方法もあります。

セルフレコーディング例3

立って録る場合はこのような形になります。
後ろに机を置いて、録音機材を設置します。

レコーディングルームに引き込まれているケーブル類

コントロールルームからレコーディングルームへ引き込まれているケーブルは、レコーディングルームの扉を入ってすぐの所にまとめられています。

・XLRケーブル×4
主にマイクの接続に利用します。
コントロールルームのミキサーに接続されています。1~4番の番号が振ってあり、ミキサーのそれぞれM1~M4に接続してあります。長さが足りない場合は、延長ケーブルを接続します。
・RCAケーブル
ミキサーからの返しを受け取るために使用します。ヘッドホンアンプなどと接続します。
ミキサーのRecordOutに接続してあります。
接続を変えることで、RCA出力しかないような機材から、音声をミキサーに送ることも可能です。(ST1に接続を変えるなど)
・ステレオミニピンジャックケーブル
キューランプに接続して利用します。コントロールルームのキュースイッチに接続されています。普通のステレオケーブルですので、ピンジャックの端子しか入出力がない場合などは、他の用途として利用可能です。
・HDMIケーブル×2
2本引き込まれており、ケーブルが太い方が配信用PCのメインモニターの映像が分配されています。
レコーディングルームでPCの画面を確認することが可能です。
ケーブルの細い方がキャプチャーデバイス(AVerMedia GC550)に接続されています。
・USB3.0ケーブル
配信用PCに接続しています。
マウスやWebカメラなどを接続します。
動作が不安定な場合は電源を供給してください。(無くても大丈夫な場合もあります)
USBハブを接続して、多くのUSBデバイスを接続することも可能です。
・LANケーブル
コントロールルームのルーターに接続されています。
レコーディングルームにもWi-Fiは届きますが、安定してネットワークを利用されたい場合は、こちらを使用してください。

USB3.0ケーブル以外のケーブルは接続元の接続を変えて、別の用途に利用することができます。ただしご使用後は必ず原状復帰をお願いいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする