【ボードゲーム紹介】バッティンドーナツ

売れるドーナツを見抜け!!バッティンドーナツ

タイトル:バッティンドーナツ

デザイナー:久遠

プレイ人数:3〜6人

プレイ時間:15分前後

どうも、がんちゃんです!!

ボードゲームのジャンルとして割とあるバッティングゲームですが、バッティングって和製英語らしく重複するみたいな意味だと海外では通じないみたいですね。ちなみに野球のバッティグじゃないです。

さて、今回はゲムマ2019春で出た久遠堂さんの新作バッティンドーナツのご紹介です!!

※ゲムマレポ記事もあるよ

使うもの

ドーナツカード(5種類)

得点表

得点表で使う木製クリップ

最初普通に洗濯バサミ入っていてちょっとびっくりしましたw

作者さんの遊び心が伺えますね。

賞味期限はカードがボロボロになるまで!たくさん遊んでください!

ゲームの準備

各プレイヤーに5種類のドーナツカードをプレーンのみ2枚、他1枚の計6枚配ります。

内訳:プレーン2枚、チョコ1枚、イチゴ1枚、抹茶1枚、スペシャル1枚

得点表1枚と木製クリップを2つ配ったらゲームスタートです!

※人数が少ない場合ドーナツカードが余りますが規定枚数しか使わないのでゲームからは除外しておいてください。

ゲームのルール

このゲームは、プレイヤー全員が一斉にカードをオープンするバッティングゲームです。

好きなカードを1枚選び伏せておき、全プレイヤーが準備し終わったら公開します。

カード公開時、自分の出したカードが誰とも被っていないもしくは全員が同じカードを出してしまうと得点を獲得することができません!(スペシャルカードを除く)

もし自分の出したカードと同じ種類のドーナツが書かれているカードがあればその枚数分得点をもらい、カードの効果に応じた追加点をそれぞれ獲得します。

出したカードは他のプレイヤーにわかるように表にして並べておきます。

カードを出すたびに得点計算を行ない、得点表とクリップで記録しておきながら進めてください。

この流れを6回行い、手札がなくなったらゲーム終了となります。

カードの効果(得点)・勝敗条件

プレーン

場に出ているプレーンの枚数×1点

シンプルでわかりやすいカード

チョコ

オススメカードという種類でイチゴと同じ種類として扱いますが効果が変わります。

場に出ているチョコとイチゴの数×1点

場に出ているチョコの枚数が偶数枚だとチョコを出したプレイヤーに追加点1点

イチゴ

オススメカード

場に出ているチョコとイチゴの数×1点

場に出ているイチゴの枚数が奇数枚だとイチゴを出したプレイヤーに追加点1点

抹茶

場に出ている抹茶の数×2点

出ている抹茶の数が参加人数の過半数より多かった場合

例)プレイヤー3人なら2人、プレイヤー4人なら3人等

プレイヤー全員に追加点3点

スペシャル

自分だけがこのカードを出していれば参加人数×2点

ただし、このカードを出したタイミングで先に出ているスペシャルカードの枚数マイナス1点

誰かと被った場合は0点となります。(その場合はマイナスもなし)

ゲーム終了時に一番得点が多かったプレイヤーの勝利となります!

やってみての感想

誰かと被ってないと得点にならないけど、全員が被っていてもダメというやきもきさせられるバッティングゲームだなと思いました!

スペシャルカードは早く出すほど得点が得られるけど他のプレイヤーも出す可能性が高かったりするので得点をハイリスクハイリターンだったりとうまく調整されていて面白かったですw

さながらミスター○ーナツの店長になった気分で遊びました

1プレイにそんなに時間もかからず遊べて見た目も可愛いゲームなので是非見かけたら遊んでみてください!!

箱裏のゲーム説明が食品に貼ってある賞味期限シール風なのも素敵でしたw

エクストラルールなるものもあるらしいのでそちらも遊んでみてください!

というわけで今回はここまでとなります!また次回〜

ぴこすオリジナル番組ボードゲームプラネット

ボードゲームを楽しく遊んでいく番組【ボードゲームプラネット

youtubeチャンネルあります!↓

※動画の撮影、編集、配信はぴこすスタジオで行っています!

動画の出演者もまだまだ募集しています!詳細はこちら

動画収録風景記事も公開しました!ご参考までに見てみてください。記事はこちら

出演にあたってどういうことをするのか聞きたい!等ご質問ございましたら、気軽にお問い合わせからご連絡ください。お待ちしてます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする