【ボードゲーム紹介】セレスティア

お知らせ

ボードゲームプラネット動画第四弾公開しました!!

【キャプテンリノ】天まで届け!?リノタワー!!【ボードゲーム】

再生時間 14:13

【キャプテンリノ】天まで届け!?リノタワー!!【ボードゲーム】

今回のゲームはキャプテンリノ!!

ゲーム性は至ってシンプルな積みゲーですがカードの効果やリノによってハラハラ度がかなり増します!!

カードの効果も複雑なものはほとんどないので、誰でも簡単に遊べます!

結構有名なゲームなので、名前は知ってるけど遊んだことないーって人は動画を見てこんな感じのゲームだって雰囲気を掴んで実際に遊んでもらえると嬉しいです!!

前回の動画はこちら!

【パッチワーク】私が作る最高のパッチワークキルト!!【ボードゲーム】

再生時間 14:53

【パッチワーク】私が作る最高のパッチワークキルト!!【ボードゲーム】

チャンネル登録お待ちしております!

↓画像をクリック!

※動画の撮影、編集、配信はぴこすスタジオで行っています!

動画の出演者もまだまだ募集しています!詳細はこちら

動画収録風景記事も公開しました!ご参考までに見てみてください。記事はこちら

出演にあたってどういうことをするのか聞きたい!等ご質問ございましたら、気軽にお問い合わせからご連絡ください。お待ちしてます。

の果てを目指して!船長を信じて乗るか降りるかのチキンレース

セレスティア

デザイナー:Aaron Weissblum (アーロン・ワイスブルム)

プレイ人数:2~6人

プレイ時間:30分前後

使うもの
飛空挺(キャラコマが乗ります)
飛空挺の見た目がしっかりしててカッコイイ!!
得点が書かれた浮遊島9枚
ボードに対応する9色のお宝カード(これが得点になります)
キャラチップ最大6色
チップ色対応のキャラコマ6つ
専用ダイス4つ
空の旅中に起こる障害を防ぐための手札カード色々…

ゲームの準備

浮遊島ボードと対応するカードを写真のような形で並べ、最初の船長を決めます。

船長は時計回りに1手番ずつ交代となります。

遠くに行くほど振るサイコロの数が多くなるので序盤の人ほど有利ですね。

手札カードを7枚ずつ配りゲームスタートです。

ゲームのルール

親が船長となって船員を空の果てまで連れて行きます!

親は今いるところの次の浮遊島ボードに書かれているサイコロの数を振り、そのサイコロに書かれているマークと同じマークのカードを持っていれば次の島へ進むことができます。

まずサイコロの出目を確認し、自分の持っている手札カードで障害を乗り越えられるかどうか宣言します。(ここで嘘をついてもOK

その宣言を聞いた他のプレイヤーは、船に残るかどうかを判断します。

降りるプレイヤーは今いる浮遊島に降りボード対応のカードを1枚もらいます。

その後、船長は持っている手札で障害を乗り越えられる場合は必ず必要枚数出し船を進めます。

この時船長が対応するカードを持っていない場合は、船に残っているプレイヤーは全員墜落し、ポイントを獲得することができなくなります。

残ったまま進めることができれば高得点、落ちてしまえば0点という結構なシビアさと船長を信じることができるかどうかという人望が試されるゲームになっていますw

乗組員が船長のみになった場合、サイコロを降る前に島に降りるということもできます。

手札カードの中には、どの障害も乗り越えることができるワイルドカードや船員を強制的に降ろすことのできるカードや船が落ちても生き残ることができる†最強のカード†があったりと特殊カードも何枚か存在します。

墜落した後は船を最初の島まで戻し、プレイヤー全員が山札から1枚手札を補充して次のラウンドスタートとなります。

勝敗条件
ゲーム終了条件はプレイヤーのいずれかが50点を超えたラウンドを最終ラウンドとし、そのラウンドで船が墜落するか果てまで到達することができればゲーム終了となります。

終了となった時点で得点カードを公開し、合計得点の多いプレイヤーの勝ちとなります。

人が出した手札を覚えておいて残るか降りるか決めるのも一手です。

つまり記憶力とチキンレースを制するものが勝ちます!!

まぁみんなで楽しく盛り上がれるのが一番なので私は君を信じるぞ!みたいなノリでやるのが楽しいんじゃないかなーと思いますw

やってみての感想
遠くの島に行けば行くほどポイントは貰えるけど、振るダイスの数が増えていくところはバランスが取れてるなーと思いました。
ワイルドカードを持っている時のもしかしたら行けるかも!っていうハラハラ感は結構好きでしたw

まぁ墜落しちゃったんですけどね…

一番遠い島まで到達できなかったのが個人的に悔しかったポイントでした。

プライベートで遊んでるゲームに空の果てを目指すとかいうゲームがあってそれを彷彿とさせるなにかがあって親しみやすかったですねw

アップの写真を撮るの忘れたのですが、飛空挺のコンポーネントがしっかりした作りになっているのと見た目がカッコイイのでそこだけでも見て欲しいです。見たら実際にプレイしてください。

というわけで今回はここまでとなります。また次回〜

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする