【ボードゲーム紹介】ビンゴリノ

数字をめくってビンゴを目指せ!ダイスとビンゴがうまく噛み合った定番軽ゲー!!

※こちらの記事は過去に書いた記事のリテイク版です。

投稿日2019/2/8
更新日2019/5/16

タイトル ビンゴリノ
原題タイトル Bingolino
会社・出版社 Schmidt
デザイナー E.Burkhardt, G.Burkhardt
プレイ人数 2-4人
対象年齢 8歳以上
プレイ時間 15分

ダイスを振って出た目をひっくり返してビンゴを作っていくゲームです。
先に4列ビンゴを作ると勝ち!!

使うもの

ダイス5つ
数字が書いてあるタイル
ビンゴスター(ビンゴになった列に置いておく)

このゲームは非常にシンプル。

ダイスを振る(数は任意で1~5個)
出た目をひっくり返す(自分の手番時にひっくり返せなかった場合制約あり)

以上!!

ゲーム準備

数字が書いてあるタイルを裏向きでよく混ぜ16枚取ります。
自分の前に4×4で好きな配置に並べます。

並べ終わったらスタートプレイヤーを決めてゲームスタート!!

ゲームのルール

【自分の手番にできること】
任意の数のダイスを振ります。
自分の手番の時だけダイスを振った後自分のタイルと出た目を見てダイスをどれか一つ減らすことができます。
ただし自分の手番の時にひっくり返せるタイルがなかった場合裏返っているタイルをどれか一つ元に戻さないといけません。

何も考えずひたすらダイスを振るということが出来なくていい要素ですね!

【他プレイヤーの手番時】
その手番の人がダイスを振って最初に出した数字のみひっくり返せます
ここはデメリットなし!

勝ち負けはここの運で決まりそうですね。

ひっくり返した後列が揃った場合、ビンゴスターを取って揃っている列が分かるように横に配置します。
先に4列作ったプレイヤーが勝ちとなります。

やってみての感想

ゲームがとにかくシンプルで分かりやすく、1プレイ大体10~15分ぐらいでできる軽めのゲームですが意外と盛り上がります。
ボードゲームカフェなどで見かけたら皆さんも是非一度プレイしてみてください!

今回はここまでとなります。また次回〜

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする