【ボードゲーム紹介】あのアレなヤバイ動物

アレがすごくヤバイ…。あのアレなヤバイ動物!(正式タイトルです)

タイトル:あのアレなヤバイ動物

デザイナー&イラスト:佐藤田鈴木

プレイ人数:3〜6人

プレイ時間:5〜15分

どうも、がんちゃんです!!

このゲームはとにかくあれがヤバイです。That Dangerous Animal’sって感じです。

というわけで今回はゲムマ2018秋に発売されたツマヤさんのあのアレなヤバイ動物のご紹介です!

使うもの

動物カード25枚

語彙カード25枚

説明カード1枚

ゲームの準備

まず、プレイヤーは研究者と探検隊に分かれます。

1人を研究者、残りを探検隊とします。

探検隊はシャッフルした動物カードの中から1枚動物カードを選び全員で確認して語彙カードを3枚ずつ配り、残りは山札として置いておきゲームスタートです。

ゲームのルール

このゲームは協力型のゲームです。

研究者は探検隊が調査してきた動物(選んだ動物カード)を当てます。

研究者は誰か1人を指定して質問するか、選んだ動物を回答するか選べます。

このゲーム最大の特徴は、探検隊員の人は研究者に対する回答を持っている語彙カードで返すことしかできません。

以下、ゲームマーケット公式サイト、ツマヤさんのサークルページより引用

『あなたは、未開の地へどんな動物が生息しているのか調査に行きましたが、使える言葉が急速に失われる奇病にかかってしまいました。

あなたは残されたわずかな言葉を用いて、どんな動物を発見したのか説明しなければなりません!』

実に面白い設定ですねwこれはこれで治るのであれば掛かってみたい…かも…?w

語彙カードには日本語と同じ意味の英語が書かれていて、探検隊はそのどちらかを使って回答できます。

ワーッ!ってなんやねん…

とか思いながら遊んでましたが、これはこれで面白かったですw

質問または動物の回答時に指定された探検隊員は質問に答えた後、語彙カードを1枚引きます。

研究者はこの語彙カードがなくなるまで質問、回答することができ、語彙カードが引けなくなるとゲーム終了となります。

勝敗条件

語彙カードがなくなるまでに、研究者が引いた動物カードを当てることができれば全員の勝利!

語彙カードがなくなってしまうと全員負けです…。

探検隊は限られた語彙の中でなるべく近い意味になる単語を選んで答えましょうね。

やってみての感想

とにかくアレがやばかったです!

語彙カードに書かれている単語がいい意味で酷いものばかりでめちゃくちゃ盛り上がりましたw

研究員を交代しながら3回遊んだんですが、その動物はどんな色をしてますか?と聞いた時にやばいとかすごいとかしか返ってこないともう絶望ですw

さすがに初めてだったこともありどんな動物がいるのか写真撮ってみながら質問をしたのでなんとかクリアはできました。

初心者の人はこんな感じでカンニングできるようにしておくとよりわかりやすく楽しめると思いますw

初対面の人同士だと質問する時にすこし恥ずかしさはあるので、仲のいいお友達と遊ぶとよりおふざけ感が出ていいかなと思いました!

プレイ時間もそんなにかからないので、サクッと遊びたい方にもオススメです!!

というわけで今回はここまで、また次回〜!

ぴこすオリジナル番組ボードゲームプラネット

ボードゲームを楽しく遊んでいく番組【ボードゲームプラネット

youtubeチャンネルあります!↓

※動画の撮影、編集、配信はぴこすスタジオで行っています!

動画の出演者もまだまだ募集しています!詳細はこちら

動画収録風景記事も公開しました!ご参考までに見てみてください。記事はこちら

出演にあたってどういうことをするのか聞きたい!等ご質問ございましたら、気軽にお問い合わせからご連絡ください。お待ちしてます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする