【ボードゲーム紹介】ワードスナイパー・イマジン

与えられた文字で言葉を絞り出せ!!ワードスナイパーイマジン

タイトル:ワードスナイパー・イマジン
デザイナー:小川昌洋
イラスト:hoccipocci
プレイ人数:2〜6人
プレイ時間:15分前後

どうも、がんちゃんです!!

今回はゲムマ2019春で出たリゴレさんの新作、ワードスナイパーシリーズ3つ目

ワードスナイパー・イマジンのご紹介です!!

使うもの

お題カード50枚

お題カードの裏表にお題と使う単語が書いてあるので使うものはこれだけ!

持ち運びしやすくていいですね。

ゲームの準備

お題カードをお題が書かれている方を上向きにしてよくシャッフルします。

山札として中央に置いておき、準備完了です!

ゲームのルール

お題カードを1枚ずつめくり、裏面に書いてある文字を頭文字とし単語を作っていくゲームです!

作る単語のお題は山札のお題カードに書かれているものとなります!!

この仕組みは場所を取らないし頭いいなと思いました。

めくられた文字でいち早くお題に沿った単語を作れた人が、めくった文字カードを獲得することができます。

単語は大きい声で言い、参加している全員の同意が得られたら成功です!

もしめくった文字で誰も単語を作れないまま、ある程度時間(公式では5秒だったかな?)が経ったらめくったカードは残したまま次のお題カードをめくりましょう。

1枚目では単語を作れなかった時の図

新しいお題に合わせて前の文字も使えます。思いついたら言ったもん勝ちなのでとにかく単語を作りましょう!

山札がなくなったらゲーム終了となります。

勝敗条件・得点計算

得点は獲得したお題カードの文字が書かれている面に数字が書かれています!

その数字の合計が得点となり、合計得点の多い人が勝ちです。

シンプルでわかりやすくていいですね!

やってみての感想

ワードスナイパーシリーズは

元祖ワードスナイパー

ワードスナイパー・ファミリー

ワードスナイパー・イマジン

とあるらしく、今作はお題がより抽象的になっているらしいです(Web調べ)

難易度的には中間ぐらい、家族向けでより簡単なのはファミリーみたいですね!

もうちょっと具体的に単語を作って遊びたいっていう人には元祖ワードスナイパーがおすすめです。

前作前々作を持っている方はそれぞれのカードを混ぜて遊ぶ、ワードスナイパー・ミックスというルールでも遊べるそうです。

ルールは共通しているので遊び方は変わらず、お題の難易度がコロコロ変わって面白そうですね!

お題と文字の組み合わせ次第で、なんか出てきそうなんだけど出てこない…
単語ができそうでできない…ってなることがたくさんあって面白かったですw

意外と単語出てこないねーとかそれはないよーwとか言いながら楽しくプレイしましたw

単語を作るだけでいいので小さいお子さんでも遊べるゲームでいいなと思いました!

前作をプレイした方でも、もうちょっとフワッとした単語作りの方が得意って方は遊んでみるといいかもしれません!

というわけで今回はここまで、また次回〜!

軽ゲーが好きな人向けおすすめゲーム

ドブル

お手軽簡単、絵合わせゲームです。

カードそれぞれに8種類の絵が書かれており、いずれかのマークが他のカードと必ず一致しています。

同じ絵のカードを重ねる、という基本ルールを元にいくつかルールがあり、たくさん持っていたほうが勝ちだったり負けだったり…

ボドゲが初めてでもわかりやすく遊べるゲームです!

ドブル(DOBBLE)

トポロメモリー

今までの概念を全て覆すトポロジーという考え方をテーマにした、神経衰弱のようなゲーム

文字や図形といった概念を全て取っ払い、構成している物の数と穴の数が同じであれば同じものというなんとも頭を使いそうなゲームですが、一つの絵として捉えてるだけなので、慣れてしまえばこっちのもんです!

トポロメモリー

その他のゲームも気になる方はこちら

紹介ゲーム一覧

ぴこすオリジナル番組ボードゲームプラネット

ボードゲームを楽しく遊んでいく番組【ボードゲームプラネット

youtubeチャンネルあります!↓

※動画の撮影、編集、配信はぴこすスタジオで行っています!

動画の出演者もまだまだ募集しています!詳細はこちら

動画収録風景記事も公開しました!ご参考までに見てみてください。記事はこちら

出演にあたってどういうことをするのか聞きたい!等ご質問ございましたら、気軽にお問い合わせからご連絡ください。お待ちしてます。

がんちゃんプロフィール
 鳥取県出身、千葉在住の27歳男子
 25歳の時にスーパーの仕事を辞め、思い切って上京。
 仕事先の繋がりでボドゲカフェに行き、見事ボドゲにハマる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする