がんちゃんがボードゲーム会を企画するのはなぜ?

ボードゲーム
スポンサーリンク

ボードゲーム会やりました!


どうも!がんちゃんです!

今月もオンラインのボードゲーム会というイベントを企画させていただきました!

【オンラインボドゲ会】がんちゃんとオンラインボドゲ会!【6/12日開催】
オンラインでも以前のように遊びたい!どうも、がんちゃんです!ボードゲームができなくなって早2ヶ月弱…宣言は解除されたものの、なかなか県を跨いで移動するのは少し怖さがありますよね。どうにか以前のようにボードゲームで...

※参加受付終了しました。

残念ながら参加はいただけず1人で遊ぶ形になってしまいました…
以前一緒にボドゲ会を企画した当初もこんな感じだったので、めげずにいろいろ試行錯誤していこうと思っています!


さて、突然ですが今回は僕がなぜこういう会を企画するのか?ということについて少し触れたいと思います!

遊んだゲームなどはまた別の記事で紹介します!

大事なのは人とのつながり


正直な話、ボードゲーム会であることが重要ではなくて誰かと一緒になにかできるというのが大事なのかなと思っています。


何をするにも1人でやるには限界があります。
何かコンテンツを作りたい!と思っていても、自分のイメージを自分で表現できないのであれば誰かにお願いする必要があります。


もちろん1人でなんでもできる方はいるかもしれませんが、そんな人は一握りでしょうしたくさん作ろう!と思った時に時間にも限りがあります。


最近流行りのyoutube動画だったり、声優さんが作っているボイスドラマなんかもそのうちの1つですね。



ぴこすで何かコンテンツを作りたいなーと思った時に、僕はゲームを作ることはできますが、声を入れたり音を作ったりはできません。(やろうと思えばできるかもしれませんがクオリティは知れてます。)


フリーの音源で探すこともできますが、自分の作るものには合わなかったり思っていたものと違ったりと色々と問題点が出てくることもあります。


そんな時、知り合いに声優さんやその方面に強い方がいたら「こういう音や声がほしんですけど…」とお願いできることもあるかもしれません。

ぴこすでこんなもの作ろうと思ってるんですが、お手伝いいただけませんか?とお願いをすることもできます。


全く知らない人にお願いすることもできますが大変ですし、お願いされる側もなんだこの人?ってなっちゃいますよね。

なのでそういう方と「出会う、仲良くなる」きっかけを作ることができたらいいのかなぁなんて思っています。

人同士も繋げたい


ありがたいことに以前のボドゲ会に何度か声優の方に参加してもらえました。

【第三弾】一緒にボードゲーム会行ってきました!【ゲスト:なっちゃんさん】
がんちゃんと一緒にボドゲ会、3回目!どうも!がんちゃんです!あっという間にもうすぐ3月が終わりに…卒業式やなんやで忙しい年度末になりました。うちの弟も今年度で小学校を卒業しました。ついこの間までおむつをしていたはずなのに、時間が経...
【第四弾】一緒にボードゲームカフェに行ってきました!【ゲスト:伊藤ちほさん】
コロナウィルスにおけるイベント休止のお知らせ3月末まで開催してきた「がんちゃんと一緒にボードゲームカフェに行こうキャンペーン」ですが、コロナウィルスにおける都内情勢やお客様への影響を鑑みた結果、しばらく開催を休止とさせていただきま...



ぴこすと個人の繋がりも大事ですが、参加してもらった声優さん同士も繋げられるといいなと思っています。


同じ趣味の仲間が集まると、こんなもの作ってみたいねーなんて話にもなります。
人が集まることで発想も増えるので面白いものができるかもしれません。

そんな時、収録にピッタリなぴこすのスタジオがあります。
ぴこすはコンテンツ作りのお手伝いができる、声優さんはコンテンツが作れる環境ができる。

いわゆるWin-Winの関係ってやつですね。


もちろん声優さんに限った話ではなく、ぴこすでは動画も撮影できるのでゲーム実況などの動画コンテンツも作れます。

そういうエンタメコンテンツを作るお手伝いもできるとよりいいですね!

これからも色々試していきたい



本当は以前のように引き続きボードゲーム会に一緒に行けてたらよかったのですが、生憎コロナの影響でそれもなかなか難しくなってしまいました。


自粛解除にはなり、お店も再開はしているもののすでに第二波が来るかも!なんてテレビで言っている状況で募集や声かけをやっていくというのは少し厳しいなぁと思っています。



生活のあり方が変わったため、新しいやり方を模索していかないといけないなーと思いつつ以前やっていたような形に近いもので何かできないかな?と考えたところで、オンラインでボードゲームができるというのが少し浸透してきたように感じたので、お試しでオンラインのボドゲ会を企画してみました。



対面で遊ぶのとは違いコミュニケーションが取りづらい、顔が見えづらいので難しい部分もあると思いますが、色々と試したいです!

というわけで今回はここまで!
また次回〜

↓↓↓ 今までに紹介したゲーム、コンテンツ、人気記事一覧を見てみる ↓↓↓

ちょうど収録ができるところ探してた!って方はこちら

ぴこす利用料金表

時間利用

人数によって利用料金が変わります。利用者は見学や付き添いなどであっても、スタジオ内に入られる方は全て1名として含みます。1時間以上ご利用になる場合で時間単位で人数の増減がある場合は、1時間ごとの総人数で計算します。

人数料金(1時間あたり)
1人
1,500円(税別)
2人
2,400円(税別)
3人
3,150円(税別)
4人以上
3,600円(税別)



パック料金

3人以上で3時間以上連続でご利用になる場合は、パック料金がお得です。

時間料金
3時間
8,750円(税別)
5時間
13,500円(税別)
8時間
19,000円(税別)

利用時間の延長は、後ろに予約が無い場合のみ可能です。(当日の延長も同様)

収録などは基本セルフサービスとなります。
(スタッフサポート不要の場合、スタジオにスタッフは一切おりませんのでご注意ください)
スタジオ内にある機材などは無料でご使用いただけます。
(ただし複合機の利用は有料(モノクロ1枚10円・カラー1枚20円)です)

機材オペレータが必要な場合は、別途1時間1,000円(税別)でスタッフが1名サポートします。
(ただし時間などによっては対応出来ない場合がありますので、事前にご相談ください)

がんちゃん

鳥取県出身、千葉在住の28歳男子
25歳の時にスーパーの仕事を辞め、思い切って上京。
仕事先の繋がりでボドゲカフェに行き、見事ボドゲにハマる。
普段のお仕事はゲーム開発、ボドゲで遊びながら紹介記事を書いてたりします。

がんちゃんをフォローする

コメント