【ボードゲーム紹介】キャプテン・リノ

ボードゲーム

崩れないようにカードを積み上げるアクションゲーム キャプテン・リノ

キャプテン・リノ
作者:Scott Frisco & Steven Strumpf
メーカー:HABA 発祥国:ドイツ
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:5~15分

キャプテン・リノは屋根カードと柱になる壁カードを使い、倒れないように積み上げていくゲームです!

使うもの

土台カード

屋根カード(特殊カード5種類+ノーマルカード)

壁カード

キャプテン・リノコマ

ゲームの準備

各プレイヤーに屋根カードを5枚ずつ裏向きで配ります。(2人プレイの時は7枚ずつ)

最近一番いいことをしたプレイヤーからスタートになるのでキャプテンリノを遊ぶ前はいいことをしましょうね!(普段からしましょう)

スタートプレイヤーは土台カードのマークに沿って壁カードを立て屋根カードを1枚上に置き手番終了となります。

ゲームのルール

このゲームは、タワーが倒れないように壁カードと屋根カードを積み上げていく、パーティーゲームです。

自分の番が来たら置かれている屋根カードのマークに沿って壁カードを置き、その上に自分の屋根カードを置いていきます。

壁カードや屋根カードを置くとき両手を使ってもいいですが、屋根カードのマークを無視して壁カードを置いたり屋根カードが土台カードと違う向きにならないように置かないといけません。

特殊な屋根カード

屋根カードには特殊なカードが5種類あります。

壁カードの上に特殊な屋根カードが置かれた場合は次のプレイヤーはそれに従わなければいけません。

方向転換

プレイヤーの順番が逆回りになります。(2人の時は意味なし)

キャプテンリノ

リノのコマをその屋根の上に移動させなければいけません。

一回休み

次のプレイヤーが一回休みになります。2人の場合は次のプレイヤーは2回プレイしなければいけません。

カード追加

次のプレイヤーは、壁カードを置く前に屋根カードを一枚引かなければいけません。

屋根カード×2

屋根カードを2枚置くことができます。ただし連続してこの屋根カードを置くことはできないため、手元に出せるカードがない場合は隣の人から置けるカードを貰い配置します。

ゲームの終了条件

タワーが倒れたタイミングで一番屋根カードを持っている数が少ない人か、手札の屋根カードを全部積み上げた人の勝ちです。

もし最後までタワーが倒れず、壁カードが全部なくなったら全員の勝ち、勝利をみんなで分かち合いましょう!

 

というわけで今回はここまで!

また次回〜

 

その他ゲームも気になる方はこちら!

紹介ゲーム一覧

がんちゃん

鳥取県出身、千葉在住の28歳男子
25歳の時にスーパーの仕事を辞め、思い切って上京。
仕事先の繋がりでボドゲカフェに行き、見事ボドゲにハマる。
普段のお仕事はゲーム開発、ボドゲで遊びながら紹介記事を書いてたりします。

がんちゃんをフォローする

コメント