モニター分配のテスト

最近では動画編集もフルHD、配信もフルHD、ゲーム画面もフルHDと、フルHDがデフォルトになってきました。
そうなるとモニターがフルHDだと、もう狭いんですよね。

ただでさえ配信時はOBSやポン出しソフト、コメントビュアーなど、画面に色々出しておく必要があり「モニターにもっと広さが欲しい!」と思うことも多いです。
4Kディスプレイもだいぶ値段が下がってきましたしね。
ぴこすのPCモニターも広めのモニターが欲しい所なんですが…

PCの映像をスタジオ内などで表示したりする場合があり、そうなると全部一斉に変えないといけなくなるんですよね。
そうなるとさすがに出費が…


写真はPCモニターを3つのモニターで表示するテストです。
Vtuberワークショップでは、PCの映像をスタジオ内とvtuberキャスト用に分配する必要があり、HDMIスプリッターを使って映像を3つのモニターに分配しています。

ゲーム機によるゲーム実況をするような場合も、HDMIスプリッターのお世話になるケースがありますね。
HDMIスプリッターも色んなメーカーから出ていて値段もバラバラなのですが、クセがあって安定してなかったりしてなかなか大変です。


ぴこすでは最大3分岐させる必要があり、こちらの商品を購入したのですが、接続時に表示が一瞬切れてしまい、その際に画面サイズが変更されるので開いているウィンドウサイズが変わってしまったりと、使い勝手がいまいちでした。
またいったん画面が乱れると、電源を入れなおさないと治らないのも困りものでした。
同じ個体でも症状が違ったりするっぽいので買ってみないと分からないという博打状態。


そこで元々購入していたこちらの商品をまず繋ぎ2分岐したところで、先ほどの4分岐に繋げて分岐させたところ、PCの画面解像度が変わってしまう症状がなくなり、とても使いやすくなりました。しかも5分岐に対応!(そんなにいらない!)

んでもって、スプリッターの電源はACアダプターを使うと面倒&もったいないので、こういうのを使ってUSBから給電します。

USBには常時電源が通るものとPCの電源を切ると給電されないものがあるので、なるべくならPCの電源を切ると給電されないところに繋いでおくと便利&お得です。

というわけで、ぴこすではボイス収録の他にも、ゲーム実況・収録や講座用動画の撮影などにも対応出来ますので、是非ご検討ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする