【ボードゲーム紹介】クレイジートースター

ボードゲーム

飛び出すトーストをうまくキャッチできるか!?クレイジートースター

タイトル:クレイジートースター
メーカー:リトルタイクス
プレイ人数:2〜4人
プレイ時間:5分

どうも!がんちゃんです!!

用意する時間があれば朝ごはんは米はな僕ですが、なかなか朝起きれないのでコンビニの菓子パンで済ませている今日この頃。

トースターで焼いた食パンなんかも朝ゆっくり食べられるといいですね…

さて、今回はクレイジーなトースターから飛び出してくる食パンをキャッチできるか!?

【クレイジートースター】のご紹介です!

使うもの

トースター本体

トーストカード

ランチョンマットとフライパン

ゲームの準備

ランチョンマットと同じ色のフライパンを各プレイヤーが受け取ります。

トーストカードの耳の形を同じに揃え、シャッフルします。

大体均等になるよう4つに分け、トースターの穴にそれぞれ入れていきます。

※トースターの中にトーストカードを入れる時、凹んでいる部分が上側にくるよう揃えてください。
向きを間違えるとトーストが飛び出してこなくなるので注意してください。

ここまでで準備完了!

あとはトースターのスイッチオンするだけ!

ゲームのルール

【目的】

あなたが今食べたいトーストはランチョンマットに書かれているトーストです。

トースターから飛び出してくるあなたが食べたい種類のトーストをフライパンでキャッチしましょう!

 

【簡単な遊び方】

トースターについている顔の鼻の部分のレバーを下ろすと音が鳴り始めます。

ジジジ…

ボンッ!

これがまた結構な高さ飛ぶので少し広めに場所を取ってやるのをお勧めしますw

そして、出てきたトーストを持っているフライパンでキャッチするだけ!

小さいお子さんでも簡単に遊べるシンプルさでいいですね。

 

【得点の獲得方法】

トーストには、自分の得点になるトーストとならないトースト、取ると減点になるトーストが存在します。

・自分の得点になるトースト(以下、得点トースト)

ランチョンマットに書かれている種類のトースト

・自分の得点にならないトースト

ランチョンマットに書かれていない種類のトースト

・減点になるトースト(以下、減点トースト)

魚の骨が書かれているトースト、誰も拾わずに地面に落ちたらボーナス有り

得点トーストは取ると1枚につき1点。

同じマークが書かれているところにトーストを置きます。

得点にならないトーストを取った場合は、スプーンの絵の先に書かれている枠の中に重ねて置いておきます。このトーストは点数にはならないですが、減点トーストを取った時、代わりに使われ、減点を回避できます。

減点トーストは取ると持っているトーストを1枚捨てなければいけません。

この時、上記でも書いた通り、得点にならないトーストを持っていれば得点トーストの代わりに捨てることができます。

減点トーストを誰もキャッチせず、地面に落ちた場合、得点にならないトーストを持っていれば地面に散らばっているトーストの中から好きなトーストと1枚交換できます。

 

この要領で自分の得点になるトーストをうまくキャッチして、得点を稼いでいきましょう!!

トーストカードがなくなったらゲーム終了となります!

プレイ風景

動きがあるゲームなのでプレイ風景の写真をいくつか…

いい大人達が必死にトーストを狙って争う姿…

見てる側も盛り上がれそうですねw

やってみての感想

ちょうどこの時、そろそろ帰らないと終電やばいかなーぐらいでしたが、サクッと終わるとのことだったのでせっかくだしと思って参加しました!

なんともタカラ○ミーを連想しそうなおもちゃだなと思いながら遊びましたが、かなり盛り上がりましたw

ゲーム性はいたってシンプルで、プレイ時間も5分ほどで終わるので暇つぶしに最適かなと思いますw

狙って取るのはほぼ不可能じゃないかってぐらいトーストが舞い散るので、動体視力に自信のある方は是非挑戦してみてください!

ボードゲームというより知育玩具に近いかも?w

 

というわけで今回はここまで!

また次回〜

アクション性の高いゲームが好きな人向けおすすめゲーム

【キャプテン・リノ】

ウノと積みゲーを合わせたようなゲーム性を持つキャプテンリノ!

バランス感がとても大事になってくるゲーム

【ボードゲーム紹介】キャプテン・リノ
崩れないようにカードを積み上げるアクションゲーム キャプテン・リノ キャプテン・リノ 作者:Scott Frisco & Steven Strumpf メーカー:HABA 発祥国:ドイツ プレイ人数:2~5人 プレイ時間:5...

サクッと終わる軽ゲー好きな人向けおすすめゲーム

持っているカードのいずれかの絵と同じ絵の書かれたカードを持っている人に持っているカードを押し付けあっていったりするゲーム

サイズもコンパクトで持ち運びが楽なのもオススメポイント

【ボードゲーム紹介】ドブル(DOBBLE)
誰でも簡単絵合わせカードゲーム!?反射神経を競え!!ドブル(DOBBLE)ドブル(DOBBLE)ゲームデザイナーDenis BlanchotGuillaume Gille-NavesIgor Polouchine...

 

その他ゲームも気になる方はこちら!

紹介ゲーム一覧

がんちゃん

鳥取県出身、千葉在住の28歳男子
25歳の時にスーパーの仕事を辞め、思い切って上京。
仕事先の繋がりでボドゲカフェに行き、見事ボドゲにハマる。
普段のお仕事はゲーム開発、ボドゲで遊びながら紹介記事を書いてたりします。

がんちゃんをフォローする

コメント