【ボードゲーム紹介】Dixit(ディクシット)

人によって見え方が変わる?
語り部のカードを当てる、Dixit(ディクシット)

タイトル:Dixit(ディクシット)
ゲームデザイン:ジャン=ルイ・ルービラ
プレイ人数:3人~12人
プレイ時間:約30分

どうも、がんちゃんです!

物の見方って人それぞれで面白いなーとよく思うんですが、最近感じたのはテレビCMですね。

どういう層をターゲットにCM作ってるんだろうと思いながらみてることがあって、感じ取るためにみるものが、出ているキャラクターだったり、背景の絵だったり、セリフだったり…

同じ絵でもみる人によって感じ方が変わるから不思議ですよね。

さて、今回はそんな絵を見てテーマを決め、そのテーマの絵がどれなのかを当てるという定番ゲーム「Dixit(ディクシット)」のご紹介です!!

バージョンが色々あるようですが、ルールはほぼ共通なので、遊び方がわかれば全バージョンで遊べると思います!!

使うもの

得点ボード

プレイカード(たくさん)

プレイヤーコマ

投票ボード

投票ピン

ゲームの準備

プレイヤーはプレイヤーコマと同じ色の投票ボードを受け取り、投票ピンを1つずつ受け取ります。(プレイ人数が7人以上いる場合は投票ピンは2つになります。)

得点ボードを中央に用意し、プレイカードをよくシャッフルして各プレイヤーに6枚ずつ配ります。

見てわかる通り、プレイカードには絵が書かれており、この絵を使ってゲームが進行していきます。

残ったプレイカードは山札として、裏向きで置いておきます。

スタートプレイヤーを、決めたらゲームスタートです。

ゲームのルール

このゲームの目的は、語り部(親)が決めたテーマに沿ってそれぞれのプレイヤーが裏向きのままカードを出していき、親のカードを当てるというゲームになっています!

【テーマの決定】

まず最初に親となったプレイヤーは、自分の手札の中から1枚選んで、絵を見てテーマを決めます。

テーマが決まったら、宣言しながらカードを裏向きで場に出します。

残りのプレイヤーは、親が決めたテーマに合いそうな物を手札から選んで、裏向きで1枚出します。

全員が出し終わったら、よくシャッフルして得点ボードの横に数字が掛かれいてるところがあるので、その横にカードを1枚ずつおいて、全て公開します。

この時のテーマは忘れましたが、女の子とかだった気がします。

もしテーマに合いそうなカードがなくても、どれでもいいので出しましょう。

【投票】

カードが全て公開されたら、親以外のプレイヤーは投票タイムに入ります。

投票ピンを投票ボードの穴に差し込んで、どれが親のカードだと思うかを表します。

【得点の獲得】

全員が投票し終わったら、親が自分のカードはこれです!と宣言します。

投票結果に応じて各プレイヤーに得点が入ります。

・親の得点条件

親は基本的に3点入ります。ただし投票によって点数が入らない場面があります。

①全プレイヤーが、自分のカードに投票する。
②全プレイヤーが、自分カード以外に投票する。

つまり、親は全員がわかってしまうようなテーマにしたり、全くわからないテーマにはせず、程よく投票してもらえるテーマを考えてカードを出さなければいけません。

・親以外の得点条件

親以外のプレイヤーは、うまく親のカードを当てたりできたら得点が入ります。条件は以下の通り

①親のカードに投票をする。…3点
②全員が親のカードに投票するorしない…2点

③自分の出したカードに投票してもらう。…1票につき1点

①と②の条件はどちらか片方しか獲得できません。

もし①と②の条件を同時に達成していたら、②の条件が優先され、2点となります。

③はたくさん投票してもらった分得点になるので、いかに親のテーマに沿ってカードを出せるかが大事になってきます。

投票が終わって得点計算を行った後、得点が30点に達したプレイヤーがいなければゲーム続行となります。

手札を1枚補充し、出したカードは捨て場に置いておき、親を交代してゲームを続けましょう。

終了条件

いずれかのプレイヤーが30点に到達した時点でゲーム終了

30点を超えたプレイヤーが複数いた場合は、一番得点の高いプレイヤーの勝利となります。

やってみての感想

名前はよく聞くけど実際にはやったことないゲームだったので、ワクワクしながらプレイしました!

定番と言われるゲームだけあって、ルールのわかりやすさにコミュニケーション要素がプラスされていて、なるほど…と思いましたね。

定番になるゲームっていうのは結構シンプルなルールなものが多いように感じます。まぁ昔からあるっていうのももちろんあるんでしょうけど。

どこ見たらそう感じるの!?とか人それぞれに目の付け所が違うので、その人を深く知るにはいいゲームなのかなと思います!

程よく当ててもらったりしないといけないので、テーマ決めが大事だなと感じましたw

絵を見て遊ぶ系のゲームは、世代問わず遊べるところがいい点ですね!

というわけで今回はここまで!

また次回〜

絵を見て連想するゲームが好きな人向け
おすすめゲーム

SUBTEXT

テーマに沿った絵を書いて、それに投票するゲーム

ゲーム性はほぼDixitと同じですが、自力で絵を描くという要素が加わっていますw

絵の上手い下手はありますが、むしろ下手くその方が面白く遊べたりするので、盛り上がり度で言えば僕はSUBTEXTの方が好きです!

SUBTEXT

その他のゲームも気になる方はこちら

紹介ゲーム一覧

がんちゃんプロフィール
 鳥取県出身、千葉在住の27歳男子
 25歳の時にスーパーの仕事を辞め、思い切って上京。
 仕事先の繋がりでボドゲカフェに行き、見事ボドゲにハマる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする