ホワイトデーがんちゃん応援キャンペーン結果発表!

お知らせ

ホワイトデーキャンペーン開催しました!

どうも、がんちゃんです!


世間は最近コロナウィルスでとにかく大変そう。
うちも何かキャンペーンと絡めて貢献できないか?と考えました。


募金だったり、プレゼントだったりも考えたんですがあまり貢献にならなそう。
色々調べてみたら、コロナウィルスのせいで献血が不足しているらしいというのを見かけました。
これだ!と思い献血をしようと思ったんですが、実は僕献血をしたことがなくて不安が強かったです。


せっかくならキャンペーン兼ねてみんなに応援してもらおう!と思い、今回のキャンペーンを企画しました!

題して「ぴこすホワイトデーがんちゃん応援キャンペーン」!
バレンタインはプレゼントをしたので、お返しにいいねをもらおうという思いも込めて…



それでは内容の振り返りからいきましょう!

キャンペーン内容の振り返り

ぴこすスタッフ:がんちゃん

【内容】

ぴこす固定ツイートのいいね数1000到達で、がんちゃんが献血します!
みんなで応援してください!

【応援方法】

ぴこす固定ツイートをいいねする。
※RTで拡散も協力お願いします!

【応援期間】

2020/3/10 〜 2020/3/14 23:59まで



ということで、1000いいねぐらいあれば不安も無くなるだろう!と思いきって1000いいね目標にしました!(今までのキャンペーンでも最高150なのに…)

さて、気になる結果は…!?

RT数8!
いいね数14!


んんー…?
まて、そんなはずはない。
きっとどこかに0が2つ隠れていて1400いいねぐらいきてるのでは?
何度もツイートを見返しました。


どこにもいいねは隠れていませんでした…

ただ、待ってください。

確かに1000いいね達成でとは言いました。
が、なにももらえないのに14人もの人がいいねをしてくれた。

しかも、献血断られている方からもリプを頂いている。


もらえたいいねの価値は僕にとっては100倍ぐらい価値があります。

14いいねに100倍の価値を掛けると1400いいねですね。
つまり1000いいね達成では?


怖いなんて言ってる場合じゃない!
ここで行かなきゃ男が廃る!!

よし、献血に行きます!!!(無理矢理)

まずは献血の仕方から

どういう手順で献血したらいいのか分からないという方のために、念のためやり方をいくつか紹介しておきます。

電話で最寄りの献血ルームに電話をして予約する。

場所によって営業時間が違ったりするので、予めネットで調べてから電話するのをおすすめします。
時間を決まっているので、サクッと受付してもらえました。
中での案内もかなりスムーズ、当日いきなりでいくこともできますが、中の混雑状況によりかかる時間が変わってくると思うので、前後に予定がない人以外は予約してから行くといいんじゃないでしょうか。


献血が初めての場合、年齢や誕生日など本人確認系のことを聞かれます。
体重が50kg以下だと献血を受けられず、あとは4週間以内の渡航歴献血から3日前以内の服薬がないか、3日以内の出血を伴う歯科治療を受けた場合なんかも献血をすることができない対象になるので、歯医者に通っている人なんかは注意しましょう。



当日センターに行った際にもう少し細かい病歴なんかも聞かれるので、そちらも確認してください。

Webで予約


電話が苦手…という人もいると思います。
僕も結構苦手な方です。

そういう方はWebで予約することもできます!

日本赤十字社では複数回献血クラブ「ラブラッド」というWeb会員を募集しています。
会員登録をすると以下のことができるようになります。

会員になると
・全国すべての献血ルーム(常設施設)の予約が可能になります
・ポイントを貯めて記念品と交換できます
・血液の検査結果等を含む献血記録がいち早くわかります
・過去の献血記録が確認できます(平成17年4月以降)
・会員限定オリジナルデザインの献血カードに交換できます
・メールやLINEで会員限定のお知らせやご案内、献血の依頼等が届きます(次回献血可能日、イベント、キャンペーン情報、「献血のお願い」など)

日本赤十字社公式HPより引用

サイトに登録するとこんな感じの献血記録を見ることができたりして便利だし、すごいなと思いました!

ただしあくまで献血を主なので、検査目的で献血を受けようとするのはダメですよ!

直接献血ルームへ行く

献血ルームでは、当日日帰りでも大丈夫なように常に受付をしています。
予定はわからないけど、今日の仕事帰りなら行けそうみたいなタイプの人にはこの受け方がいいのかなと思います。

ただ、先にも話した通りその日の混雑状況によってかかる時間が変わるので、後に予定がない方向けとなっています。


以上3つのやり方があるので、自分にあった献血の仕方を選んで是非受けてみてください!

いざ献血へ…

豪華なお昼を食べるわけにはいかない!と蕎麦を選ぶ僕

ご飯をしっかり食べてきてくださいとのことだったので、少し早めのお昼。
1000いいねもらおう!なんて見込みがかなり甘く現実を知った僕は、達成はしたものの申し訳なさから控えめなご飯にしました。

いや、達成したんですよ、達成したんですけどね!


献血の流れ

昼食を済ませ、献血ルームに到着。
勇気と不安が入り混じった複雑な表情、風が強く髪もすごいことになってしまいました。

【まずは受付(約5分)】※中は撮影禁止とのことだったのでルーム内の写真はないです。

受付で、電話で予約した名前を伝え、受付をしてもらいました。

最近テレビでも日夜騒がれている新型コロナの影響もあり、注意事項の確認や体温測定など少しチェクが多めですが、スムーズに対応してもらえました。


受付が済んだら、個人情報の登録、注意事項の再確認等をします。
登録に使う本人証明が中指の静脈スキャン(?)だったのでなんだか未来を感じました。

【献血前チェック(約5分)】

登録が済んだら問診、献血前の血液検査の順番待ちをします。


順番待ちをしている間にしっかり水分補給をしてくださいと言われます。
献血は体内の水分を抜くのと同じとのことなので、しっかり水分を摂りましょう。

ルーム内には無料の自動販売機、受付でスポドリ、献血後に紙パックジュースと結構な水分を摂るのでご飯を食べ過ぎてから来るとお腹が苦しくなっちゃうので注意してください。(お昼を質素なご飯にしたけど結果オーライでした)


献血前の検査では、体調や血液に問題かないかを検査して、問題なければ無事献血を受けることができるようになります。

【献血(内容により15分〜60分前後)】

献血前チェックが終わると、献血室に呼ばれ献血が始まります。


献血室では、ベッドに横になりながら献血を行います。
献血には、全血献血と成分献血と2種類あり、今回受けたのは全血献血でした。
全血献血の所要時間は大体10〜15分ぐらい。
成分献血は血液の成分を分けながら献血を行うため40〜90分ほどかかるそうです。


気軽に受けられるのは全血献血ですね!
ただし、どちらももちろん体内の血を抜いている状態になるので、献血中に気分が悪くなったりした場合は、横に常に看護師さんがいるのですぐ言いましょう。(我慢厳禁)

【休憩(20〜30分)】

献血が終わると必ず20〜30分ほど休憩してくださいと言われます。
献血後は貧血になったり危険なことが多く、いきなり動いて立ちくらみや意識を失って倒れて骨折など実際にあるそうなので、自分は大丈夫などとは思わず必ず休憩しましょう。


休憩室にはお菓子や雑誌が置いてあるので、退屈せずに済みます!
スマホなんかも自由に触っていいですしね。

【献血終了】

とても貴重な体験ができて満面の笑み

休憩が終わると、受付の方から献血カードと献血のお礼の品がいくつかもらえます。

お菓子だったり飲み物だったり…初めての人だとちょっと中身が豪華らしい?

この日は比較的空いていたこともあり、大体50分ぐらいで献血が終わりました!
混んでいるとこれにプラス待ち時間といったところでしょうか。

振り返り

今回のキャンペーンの振り返りをしていきたいと思います。

【わかったこと】

・献血って行くのに少しハードルの高いもの、怖いものだと思っていたけど全然そんなことはなかった。
・当日日帰りでも行けるぐらいの時間しか掛からないので気軽に行くことができる。
・赤十字がやっていることをより深く知ることができた。
(名前は聞いたことあるけど、何やってるんだろう?ぐらいの認識しかなかった。)

【やってよかった点】
・勇気を振り絞って行った甲斐があるぐらい貴重な経験ができた。
・社会貢献している満足感も得られた。
・ルーム内での対応がとてもしっかりしていた。
(問診医の方がとても優しく、またきてもいいかなと思えた。)

【キャンペーンについての反省】

献血がすごく価値のあるものなのに、無謀なチャレンジのキャンペーンにしてしまった。
(見込みが甘かったので、次回はちゃんと達成できる数にしようと思いました。)

・以前のキャンペーンで全員にプレゼントしたわけでもないのに、返してくださいみたいな形になってしまった。
・Twitterだけでなく、Facebookなどでもやってみるといいんじゃないだろうか?


さて、以上が今回の振り返りになります!


キャンペーンをよく考えずに始めてしまい、色々と至らない点がありましたがいいねを下さった皆さん本当にありがとうございました!
次回からは今回出たようなダメだったポイントなどを踏まえて、きちんと作ろうと思います!


なにより今回のおかげで、献血が思ったより気軽にできるのがよくわかったので、また2回3回…と行こうと思えました!
行ったことないという方や行くの怖いという方のきっかけになれば幸いです!

がんちゃん

鳥取県出身、千葉在住の28歳男子
25歳の時にスーパーの仕事を辞め、思い切って上京。
仕事先の繋がりでボドゲカフェに行き、見事ボドゲにハマる。
普段のお仕事はゲーム開発、ボドゲで遊びながら紹介記事を書いてたりします。

がんちゃんをフォローする

コメント