【ボードゲーム紹介】SAKURA

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【お知らせ】

ついにボードゲームプラネット動画配信スタートしました!色んなボドゲを動画形式にて配信していきます!

第一弾の動画は↓こちら

ボードゲームプラネットのチャンネルは↓こちら

チャンネル登録お待ちしております!

動画の出演者もまだまだ募集しています!詳細はこちら

動画収録風景記事も公開しました!ご参考までに見てみてください。記事はこちら

出演にあたってどういうことをするのか聞きたい!等ご質問ございましたら、気軽にお問い合わせからご連絡ください。お待ちしてます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

SAKURA
デザイナー:Reiner Knizia(ライナー・クニツィア)
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:20~40分
対象年齢:10歳以上

プレイヤーは宮廷画家となり天子さまのお姿をより美しく描くため、ベストポジションを競い合うゲームです。
進んだり戻ったり時には相手を蹴落とし…を繰り返しながら高得点を目指すゲームですね!

・使うもの
ゲームボード
天子コマ
プレイヤーコマ(最大6個)
カード60枚
褒美トークン54個(1色+(プレイヤー数×1色)の最大7色)

・ゲームの準備
まず、天子コマをボード上に描かれている鳥居の前のマスに配置。
プレイヤーコマを入口の門の絵が描かれている上に全員配置します。
カードをよく切り各プレイヤー5枚ずつ配り相手には見えないようにし残りは山札として置いておきます。
自分のコマと同じ色の褒美トークンを5個受け取りゲームスタート。

・ゲームルール
各プレイヤーは配られた手札の中から一枚カードを裏向きでセット。
全プレイヤーが選び終わったら一斉にカードを公開します。
公開後カードに描かれている効果をカードの左下に描かれている数字が小さい順に適応していきます。
全員分移動が終わったら選んだカードを使用済みカード山へ置き1枚カードを山札から引いてターン終了となります。
カードの効果適応中に天子コマが桜の花びらが描かれているマスに止まったらその時点で他のプレイヤーのカードの効果は適応されず
プレイヤーコマが天子コマに近い順に褒美獲得の処理を行います。
貰える褒美の数は止まったマスのところに書いてある桜の絵の中に書いてあります。
褒美獲得の処理を行った後プレイヤーコマは天子コマの一つ後ろのマスから順に詰めていきます。
この要領でターンを回していき天子コマが最後の桜マスに止まったらゲーム終了です。

・カードの効果
【鳥居マーク】
天子コマが進んだり戻ったりします。

出すタイミング次第で人を蹴落とせます。

【丸マーク(数字)】
自分のコマが進んだり戻ったりします。

あまり近くに行き過ぎると天子コマとぶつかってしまい怒られるので程よく進みましょう。
【丸マーク(人型+)】
自分のコマと天子コマの間にいるプレイヤーコマの数だけ自分のコマを進めることができます。
【丸マーク(人型飛び越え矢印)】
自分のコマから見て一番近くにいるプレイヤーの一つ先に自分のコマを移動できます。
【赤い三角マーク】
一番後ろのプレイヤーコマを2マス進めます。
【緑の三角マーク】
一番前にいるプレイヤーコマを2マス戻します。
【左下の数字】
カードの効果が適応される順番を管理します。小さい数字からカードを順番に使っていきましょう。

・コマの移動
移動は各カードに描かれている数字、効果に応じて移動を行います。
±が書かれている場合は好きなほうを選ぶことができます。
移動先のマスにプレイヤーコマが置かれている場合1マスとはカウントせず、プレイヤーコマを飛び越え空いているマス分移動します。

・ペナルティ
プレイヤーコマが天子コマと同じマスに来る、もしくは天子コマより進んでしまうカードが出た場合
天子コマより先に進むことはできず、褒美トークンを失って3マス後ろに下がります。天子さまだいぶ理不尽ですね…こんな上司がいたら絶対に嫌われます。

・勝敗条件
ゲーム終了後褒美トークンを一番持っていたプレイヤーの勝利となります。
同率だった場合終了時点で天子コマに一番近かったプレイヤーの勝利となります。

なんと最後の最後で大逆転、たまたま出したカードの順番で勝ってしまいました!

・やってみての感想
先頭にいたはずが他の人のカードで一番後ろになったり、天子コマを下げられて褒美を失ったり…
宮廷画家同士の足の引っ張り合いが人間味あふれてていいなと思いました(笑)。
ゲーム性も程よい運要素と自分の思った通りに動かせないところがうまく噛みあっていて面白かったです!
行動順番がカードオープンするまで分からないのとちょっとした嫌がらせの読み合いが重要になってくるゲームでした。
人数が多くてもその分カードが出るので1プレイにそんなに時間がかからなくて気軽に遊べるゲームだと思うのでどこかで見かけたら遊んでみてください!

それではまた次回!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする