ゲーム実況を行ってみました!

配信・ボイス収録

どうも、ぴこす店長です。

最近、芸能人がゲーム実況の配信を行っているのを多く見かけるようになり、私もたまにYoutubeで見たりしています。

ぴこすにも「ゲーム実況の収録を行いたい」といった問い合わせをちょくちょくいただきます。
そこで今回はぴこすの機材を使用して、ゲーム実況を実際に行ってみました。

お客様に準備いただくもの

ぴこすには収録に必要なものはだいたい揃えているのですが、ゲーム実況を行うに当たって、ゲーム機・ゲームソフト自体はご持参いただくようになっております。

これは最近のゲーム機はゲーム機内にゲームやセーブデータが保存されていたり、アカウントと紐付いていたりしているケースが多いためです。

PCのフリーミニゲームなどは、ぴこすの機材でも問題ないと思いますが、有料のゲームソフトなどについては、動作環境含めてご自身でご用意いただく必要がございます。

今回チャレンジしたもの

今回は、普段から遊んでいる Nintendo Switchの「スプラトゥーン2」で実況をしてみました。

収録環境

必要な機材は、ざっとこんな感じです。
ゲーム機からHDMIで出力して、スプリッターを使用してモニターとキャプチャーに映像と音声を分配します。

自分の声を拾う為のマイクは、SHUREのヘッドセットマイクを使用します。
モニターの下にあるWebカメラはVtuber用のものです。
(最終的にはモニターの上に設置しました)

プレー中にバッテリーが無くならないよう、ACアダプター(ぴこすにあります)も接続します。
今回はネットワークを使用するので、有線LANアダプター(持参)も接続します。
(ぴこすには無料Wi-Fiも用意してありますが、接続が不安定になる可能性も考えて有線接続しました)

PC周りのアクセサリーは、だいたいこのケースの中に入っています。

収録するPC側にはHDMIキャプチャーが接続してあります。

OBS(Open Broadcaster Software)を使用して、ゲーム機の映像とFaceFigのアバターの映像を合成します。

全体を繋ぐとこんな感じです。
左側のモニターで、FaceRigと収録の制御を行います。

いざ収録

準備が出来たら収録を行っていきます。

録っている最中は、基本的にはずっと録りっぱなしです。

実際にやってみて気付いたのですが、Switchの映像が普段よりカクカクしていました。
プレー中も処理落ちがいつもよりひどくて、かなり苦戦しました。
たぶんドックに入れてないのが原因かなと思います。
Switchでプレーする際には、ドックも持参された方が良いかもしれません。

やってみての感想

ムズい!

今回は収録という形を取りましたが、撮り直しも何回かしましたし、結構な時間プレーしました。
編集して何とかかろうじて見せられる状態かな、といった感じです。

ゲーム実況やってみた 「スプラトゥーン2 サーモンラン」

生配信だったら、ダラダラすぎて誰も見ないかもしれませんね。
ゲームをしながら面白いトークをするって難しいです。

収録後の編集は必須かなと思います。
でもそうなると、セッティングとか編集の知識も必要になるし、敷居は上がっちゃいますよね。

生配信や無編集は、セッティングや編集などのハードルは下がりますが、その分本人のトークスキルやゲームプレースキルが試されます。

何事も経験と練習は必要

最初からうまくいくことなんか、なかなかありません。
まずはやってみることが大事です。
(でも成功イメージは大事ですよ)

最終的には頻度を上げつつ継続して配信するには、自宅に環境を整える必要が出てくると思います。
でもひょっとしたら騒音問題などで、住む場所自体も変える必要が出てくるかもしれません。

一人で進めると、試す前に挫折することも多いと思います。
まずはやってみて、難しそうだと思ったら、また次の手を考えるのが良いんじゃないかと思います。

ぴこすであれば、ゲーム機さえあれば実験できますし、失敗しても費用はスタジオ利用代だけで済みます。
「よく分からないけど、とりあえずやってみたい」って方は、是非ぴこすでチャレンジしてみてください。

「いくらぐらいかかりますか?」といった相談も受付中です。

コメント