Vtuberワークショップを行います!

バーチャルYouTuber(VTuber)も年々始めるための敷居が下がってきていて、「どうやって始めるか?」というよりも「VTuberになって何をするか?」に重点が置かれつつあります。
またタレントや声優さんとして活動している方は、仕事としてVTuberに携わる機会も増えてくるのではないかと思います。

声優の方などは「普段から絵に対して声を当てているいるので、Vtuberでも同じじゃないの?」と思われるかもしれませんが、実際にやってみるとリアルタイムで動くバーチャルアバターならではのコツなどが必要になると感じると思います。

そこでぴこすでは、スタジオ内にVtuber体験を行える環境を整え、ワークショップを行うことにしました。
これはVtuberを行うための環境や開発と行った技術的なものではなく、実際に演者として行ってみる体験会です。
ワークショップでは、VTuberを演じる側と、VTuberを相手する側との両方を体験します。


まずVtuberを演じる人は、なりたいアバターを選択して別室にてアバターを操作します。
スタジオ内の様子は画面を通して確認します。
アバターの制御はモニター上にあるカメラとテーブルに置いてあるモーションセンサーで行います。
また音声はツールを使って変えることが出来ます。


VTuberを相手する側は、スタジオ内で収録を行います。
バーチャルアバターは、画面の真ん中に居る形になります。
実際の画面はモニターを通して確認します。


合成されるとこのような感じになります。
実際に収録したものは簡単な編集のあと動画ファイルとしてお渡しいたします。

番組には一通りの流れと台本がありますので、それに沿って進めてもらえば困ることはないと思いますが、アドリブ力も試されます。
実際にやってみると色々な気づきがあると思いますが、そんなことよりもみんなでわいわいと番組を収録するのがとても楽しいワークショップになっていますので、Vtuberやったことない人は是非体験してみてください。

開催日時や申し込みについてはストアカのサイトで行っておりますので、そちらからご確認をお願い致します。

ストアカのワークショップページへ

なお「ストアカに登録するのメンドくさい」って方は、ぴこすの予約フォームからも受け付けております。
必要事項とワークショップの日時・時間を記入して、利用目的に「ワークショップ参加希望」とお書きの上、送信してください。
(この場合、決済はPayPal経由となります。当日の現金払いなどは受け付けておりません。予めご了承ください。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする