【ボードゲーム紹介】Burgundy:ダイスゲーム

Burgundy(ブルゴーニュ):ダイスゲーム
原題 The Castles of Burgundy: The Dice Game
プレイ人数 1人~5人
対象年齢 10+
プレイ時間 30分~

今回紹介するのは2011年発売になったブルゴーニュというゲームのダイスゲームバージョンです!
他にもカードゲームバージョンもあるらしいです。

・ゲームの目的
舞台は15世紀フランス。プレイヤーは城の君主となり、国を繁栄へと導きます。

・使うもの
色ダイス2個
数字ダイス2個
砂時計ダイス1個
地図用ボードプレイヤー分(ボードは2種類表裏ありABCDとあるのでどれかを選ぶ)
書き込むためのペン

・ゲームの準備
緑色の城が描かれているエリアのどこか一つを選択しそれがスタートの場所となります。
選んだエリアに描かれているマークのアイテムを獲得し、ゲームスタートです。
全員同時進行で進んでいくのでスタートプレイヤー等は決めなくて大丈夫です。

・地図用ボードの説明
真ん中:舞台となる地図
左:各エリアの説明(エリアに書き込める条件と所持しているアイテム、使ったアイテムを管理できます。)
右上:時間フェーズ管理用
右下:エリアを埋めた時の得点と得点計算表
下:アイテムを使用した際の効果

・エリアに書き込める条件
ダイスを振って出た色ダイスと数字ダイスの組み合わせで書き込んでいきます。

スタート時は最初に選んだ緑エリア
その後は、すでに数字が書かれているところと隣り合う場所にしか書き込むことはできません。

紫エリア
数字1or2が出た時しか書けない。
【銀エリア
数字3or4が出た時しか書けない。
【青エリア
数字5or6が出た時しか書けない。
【橙エリア
どの数字でも書けるが、同じエリア内に同じ数字は書けない。

【緑エリア】

緑エリアと隣接しているエリアに書いてある数字ならどれでも書ける。
【黄エリア
どの数字でも書けるが、1度書いたら同じエリア内には最初に書いた数字しか書けなくなる。

・アイテムの説明
各エリアに記入をしたらそのエリアと同じ色のアイテムを獲得することができます。
アイテムごとに最大獲得数が決まっているのでそれ以上になる場合はアイテムは獲得できません。
使用する際は消すのではなくチェックして使いましたという印をつけましょう。

【紫】
色ダイスを好きな色に変更することができます。
【銀】
1手番中に出ているダイスの目の中から最初に選んだ組み合わせ以外の組み合わせを選んでもう一度書き込むことができます。
例:黄 3 青 5が出ていた場合最初に黄と3を選んだらそれ以外の組み合わせで書き込むことができる。
(同じ数字が出ていたとしてもダイスが違うなら選ぶことが可能です。)
【青】
ダイスを振った時、砂時計ダイスに砂時計が2個書いてある目が出た時にすべて消化して1つあたり2個の銀アイテムを獲得することができます。
【橙】
数字ダイスの数字を好きな数字に変更することができます。

・得点の獲得方法
同じ色が繋がっているエリアすべて埋めると得点が入ります。
たくさん繋がっているところほど獲得できる得点が高いのと
得点は時間フェーズの段階によって少なくなっていくので早めに埋めたほうが得点は高いです。
早めにエリアを埋めて得点を稼ぎたいところですね。

黄エリアに関しては埋めたエリアで獲得できる得点×2倍の得点が入ります。
その代わりアイテムが獲得できないのと、書ける条件が少し厳しいので頑張りましょう。

同じ色のエリアすべてを埋めると別で得点が入ります。
早く埋めきった人のほうが獲得できる得点が高いので同じ色のエリアをひたすら攻めるかどうかといったところです。
同じタイミングで埋めきった場合は両者に得点が入ります。
2番目に早く埋めた人までしかポイントが入らないので注意が必要です。

・ゲームルール
ターン開始時にダイスをすべて振ります。
まず最初に砂時計ダイスに書かれている砂時計の数だけチェックして時間を進めます。
出た色ダイスの目と数字ダイスの目を組み合わせて書き込める場所を探します。
もし書き込める場所がなかった場合はボーナスとして橙のアイテムを1つ獲得します。
これを繰り返していき時間フェーズが最後まで進むと終了です。

・やってみての感想
ダイスの目によって埋めたいんだけど埋まらない!とか早く埋めきると得点が高かったりするので、人と違う色を埋めようとか色々戦い方はあるかなーと思いました。
埋められるパターンを増やしておけば銀アイテムを使うと強かったり、とにかく橙を使って数字を変えて書きまくろうとかもありですね。
青アイテムを所持していると銀エリアを埋めなくても銀アイテムが2個手に入るので強いなーと思いましたが、砂時計ダイスで2が出ないといけないという不安要素でなかなか手が出ませんでした…。
同色全エリア埋めきったボーナスは早いほうがいいので少し競う要素はありますが、各々で考えながらプレイできるので自分のペースでできていいゲームだなと思いました!
書けないパターンが結構あったり、悩むほうに集中しすぎてアイテムを使い忘れたりと多々ありましたが楽しめました。

本家やカードゲームバージョンも機会があったらやってみたいですね!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【お知らせ】

現在、ボードゲームを紹介する動画配信を企画しております。

それに併せて出演者の募集もしています!

出演にあたってどういうことをするのか聞きたい!等ご質問ございましたら、気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。お待ちしてます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今回は以上になります。また次回…。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする