PCの自作は泥沼の始まり

現在ぴこすで動画配信や収録に使用しているPCは、ギフトテンインダストリの濱田さんから譲り受けたDELLのVostro400改なのですが、通常の配信であれば特に問題はないのですが、HDMIキャプチャーを使用するとさすがにCPUパワー的に厳しいようです。
というのも、エンコーダーにハードウェアエンコードNVENCを使えるグラフィックカードを積んでいるのですが、新しいドライバをインストールすると定期的に画面が崩れてしまう現象が出てしまい、古いドライバを使用しているのですが、それだとOBSでNVENCが使えないという状態なのです。
いわゆる詰んでる状態です。

そこで新たにPCを新調することにしました。
それほど最新のPCスペックにする必要も無いので、中古のPCを購入。
ivy bridge世代のCPUでi5シリーズなので、Q9550からそれなりにパワーアップします。
NVENCを使いたいのでグラフィックカードはお引っ越しということで、新しいPCに差してみると起動しません。
抜くと内蔵グラフィックできちんと動きます。
とりあえずBIOSのバージョンが古いのでBIOSの更新をして再度試してみることに。
ここで落とし穴が。
どうやら更新してはいけないBIOSイメージがあるらしく、それに気付かずBIOSを更新してしまい、マザーボードが文鎮化してしまいました…

仕方ないのでマザーボードを新調することに。
元々H61チップセットだったので、H67チップにしました。
H67だとUSB3.0が付いていたり、SATA3.0が付いていたり、出費は増えたけど結果オーライに。
ところが、手持ちのCPUでは動かない。
どうやら新しく新調したマザーボードは、ivy bridge世代のCPUを使う場合はBIOSの更新が必要らしい。
しょうがないので、Sandy Bridge世代の安いCeleronCPUを購入。
BIOSを更新使用としたのですが、どうもこのマザーボードはOEM版で、正規のBIOSがなくてOEMじゃない元のマザー用のBIOSを無理矢理更新してやることでバージョンアップが出来る事が後に判明。
無理矢理BIOSを更新したら文鎮化(T_T

仕方がないので更新後のBIOSチップを購入。
(どうやらそれなりに需要があるらしい)

こうしてやっと動くものが出来上がったのですが、周りを見ると文鎮化したマザーボード。
メモリが悪いと思って新たに購入したメモリ、しょぼいCPUが残ってしまいました。
電源も余っており、ケースとファンとHDDを買ったらもう一台PCが組める感じになってしまいました。

さて今後は文鎮化したH61H2-M2のBIOSの復旧。
このマザーボードのBIOS ROMは基板に直付けされているSOP8型なので、無理に取り外さずクリップで挟んでROMライタで蘇生を図ります。
そのためにH61H2-M2のBIOSもeBayで購入済み。
さらに文鎮化したH67M-GE/THWのBIOS ROMもせっかくなので書き換えて復活させます。
売れると良いなぁとか思ってるんですが、需要あるんですかね。
結局かかった費用は…考えたくないです。
自作恐るべし。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA