設備

【主な機材一覧】

ダイナミックマイク
Behringer XM1800S × 3
CLASSIC PRO CM5 × 2
Beyer M58 x 1
コンデンサーマイク
RODE NT1-A × 1
BEHRINGER C-3 × 1
マイクスタンド
CLASSIC PRO MSBマイクスタンド × 4
CLASSIC PRO MSST × 1
ヘッドホン
SONY MDR-CD900ST × 1
SONY MDR-XD150 × 1
AKG K77 × 2
ミキサー
ALLEN&HEATH ZED-10 × 1
予備機:Behringer XENYX 802 × 1
Webカメラ
Microsoft LifeCam HD-3000 × 1
Microsoft LifeCam Studio × 1
iBUFFALO BSW20KM11BK × 1
PC
メイン機:Windows PC × 1
サブノート:Macbook (13-inch, Aluminum, Late 2008) × 1
ソフトウェア
SONY MovieStudio12 (Win)
SONY ACID (Win)
SONY Audio Studio 10 (Win)
モニター
24inch × 3
21inch × 1
スピーカー
サンワサプライ MM-SPSBA2
液晶テレビ・パソコン用サウンドバースピーカー(簡易チェック用)
インターフェイス
Roland UA-1G × 1
AVerMedia GC550
I-O DATA GV-USB2
ポータブルレコーダー
TASCAM DR-07 × 1

動画配信時の一般的なレイアウト

 

配信用PCとミキサーは奥のPCデスクにあります。
スタッフがいる場合は、奥のスペースで操作を行いますが、モニターやキーボードを配信側の机に置くことで、配信しながらPCをコントロールすることも出来ます。
ノートPCをコメント閲覧専用などで利用すると便利です。


セルフレコーディング例

サブミキサーとコンデンサマイクとポータブルレコーダーを利用したPCを使わない構成例です。
収録だけを行って、帰ってから編集するなどの場合は、このような設定を行うこともできます。
SDカードが必要になります。

波形編集も少し行いたい場合などは、PCにUA-1Gを接続して利用する方法もあります。

立って録る場合はこのような形になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする