スマホで簡単録音 +α で1つ上のクオリティ

最近はスマホの性能が上がり、スマホだけで配信が気軽に出来るようになりましたね。

ただやっぱりスマホのマイクよりも、ちゃんとしたマイクを使った方がキレイに声が録れるのです。
今回はぴこすのPCとミキサーを使った録音ではなく、iPhoneと簡易ミキサーとマイクを使い、iPhone内蔵マイクとの違いを聞き比べてみます。
全体の構成はこのような感じです。

ダイナミックマイクとミキサーを繋ぎます。
(コンデンサーマイクの利用も可能です)
ミキサーにPCや音楽デバイスを繋げば、音声と音楽をミックスすることが出来ます。

ミキサーからのMAIN OUT出力をUSBオーディオインターフェイス(UA-1G)のINに繋ぎます。
ここはこれを使っても良いですし、もっと簡単にするのであれば、ミキサーからの出力をiPhoneのヘッドホン・マイク端子に直接接続してもOKです。
(マイク端子の場合、モノラル録音になります)

USBオーディオインターフェイスからiPhoneへは、Lightning-USB3カメラアダプタを使用します。
iPhoneだと電力が足りないので、電源ケーブルも接続します。(充電も出来て一石二鳥)
これでiPhoneの録音アプリを立ち上げて、録音を行います。

この状態で録音を行ったものがこちらです。

どうでしょう?
無音時のサーっというノイズがかなり少なくなって、声もクリアに聞こえませんか?
ちょっと接続は大変ですが、iPhoneで録音してもこれぐらい音質が変わります。
そしてぴこすにはこれらの機材が全て揃っていますので、ご自身のスマホを持ってくるだけでセッティングが行えます。
スマホで手軽に録音・配信したいけど、少しだけクオリティを上げたいといった場合などは、是非ぴこすをご利用ください。
またセッティングが分からないという方は、ご利用時にお教えしますのでお気軽にご質問ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする