ニホンゴ ムツカシイネ

次のような指示があった場合、あなたならどうしますか?

ここに2つのコップ、コップAとコップBがあります
コップA、コップBを取りなさい

さあどうでしょう?
あなたはどうしましたか?

コップを取ったアナタ!

不正解です!

システムエンジニアたるもの、曖昧な要件に対しては、行動に移す前にその曖昧さを排除しなければいけません。
この場合、「コップA とコップB」なのか「コップA かコップB」で意味合いが大きく変わってきます。
日本語としてはどちらも正しく繋がります。
この助詞ひとつの違いで、その後の行動が変わってきます。
こういった小さな勘違いが積もり積もっていくと、やがて大きなロスとなってしまいます。

思い込みは大敵 全てを疑え

というわけで、勘違いして作ったロジックを削除するとしますか…

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA