Dell Vostro 400 BIOS更新できた!

ギフトテンインダストリの濱田さんからいただいて、収録&配信用に使用しているDellのVostro400
CPU をCore2Quad Q9550 に変更したりグラフィックカードをGT730にしたりして、それなりにパワーアップしているのですが、困ったこともいくつかあって、その一つが解決したので記しておきます。

通称「濱田1号」
コワーキングスペース利用者であれば、誰でもご利用可能です。

「Core2Quad Q9550のSSE4.1が認識しない!」

DELL公式のBIOSを1.0.15にするとCPU自体は認識するのですが、SSE4.1が認識しないのです。
またVT-xも認識しません。
動画エンコードに有利なSSE4.1が認識しないのは動画配信用PCとしては何とも勿体ない話です。
何とかして認識させれらないか色々情報を漁っていたのですが、何せ古いPCなのでなかなか情報が見つからず、あったとしてもリンクが切れていたりと。
もうマザーボードを取り替えようかとも考えたのですが、そうなるとケースも変えた方が良いかとか、マザーボード取り替えるならLGA775じゃなくても良いんじゃないかとか、いやそうなったらもうマシン1台組み立てるのと変わらないよねみたいな泥沼にはまりかけてました。

そしてようやく見つけました!

ここのブログからここへ飛んでBios.zipを手に入れます。(アカウントの登録が必要です)
Insiron 用のBIOS らしいのですが、マザーボードも同じDG33M03 なので大丈夫なようです。
同梱してあるWinflash は、Windows7 64ビット上ではうまく動かないようだったので、USBブートでFreeDOS を立ち上げてDOSFlash を使いました。
失敗したら文鎮化もありえるので、ドキドキしましたが無事成功しました。
しかもAHCI も有効になったのでHDD周りも若干高速化しました。

調べている時間を考えたら新しいPC を買った方がコスト安だったと思いますが気にしない

経験 is プライスレス。

「NVIDIA のグラフィックボードが応答停止になる!」

これも困った問題でして、NVIDIA の GT730 に差し替えた後、ドライバを最新にすると、しばらく使っていると急に画面が真っ暗になってしばらくすると復活するというのを不定期に繰り返すようになります。
「応答停止になりましたが回復しました」みたいなメッセージが表示され、これ自体は結構症状として出るようです。
ドライバ 347.88 では安定するのですが、それ以上のバージョンになるとダメ。
これも結構情報があるのですが、OBS StudioでNVENC を使う場合はこのバージョンではダメで、もう少し新しいバージョンを使う必要があります。
というわけで、にっちもさっちもいかない状態です。
こちらも電源周りが弱い可能性があるので、電源ユニットを差し替えてみてもう一度チャレンジしてみたいと思います。

というわけで、まだまだ解決したい項目がいくつかあるのですが、1つずつ攻略していきたいと思います。

<2/5追記>
電源ユニットが届いたので、350Wから500Wに変更。
グラフィックドライバも更新してしばらく動作させているのですが、今のところ安定動作中!

<2/6追記>
やっぱりダメなようで、応答停止になりました(;_;

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA