GlobalGameJam2017開催報告

今年もやりましたGlobalGameJam!
早いもので開催から10日が過ぎ、東京では出来上がった作品を持ち寄って遊ぶプレイパーティも行われました。
東京武蔵境会場では7名(+運営1名)の参加者で2つの作品が完成しました。

1つ目の作品は、チーム「モーセ」による「モーセの奇妙な冒険

画面をタップして波をかき分けて人々を対岸へ渡すという内容なのですが、ジャム作品特有の何をやっていいのかさっぱり分からないという初見殺しな作品となっております。

プレイパーティでは子供の反応は良かったです。
よく分からないけど、何かが一杯出るのが楽しいようです(^^;

2つめはチーム「Williams」による「Doppler Vision

このチームは外国人2名、日本人1名の混合チームで、外国人2名の名前がたまたまウィリアムさんだったので、チーム名もそんな感じになったようです。
宇宙空間に漂う敵を見つけ出し内部に侵入し迷路を進み敵をやっつけるという内容です。

敵が攻撃してこないため、ハードそうな見た目とは裏腹に難易度は比較的低いです。
英語で随時説明が入るため、何も見なくても操作に困ることはないと思います。
のちのバージョンアップで日本語字幕も入り、日本人にも優しくなりました。

実は、私も運営中にコッソリ一人で作っていました。

オーガナイザーは作品の登録が出来ないのでアップロードはしていません。
時代の波に乗って輝く未来へジャンプしていくシンプルな内容です。
プレイパーティで公開していましたが、自席にあんまり居なかったため、反応は分かりません。

今年はなんと7260作品が作られたようです!

私の作品は含まれていませんが、ギネス更新ですね。
参加された皆様、ギネス更新おめでとうございます!

また中間報告や最終報告などの様子を動画であげています。

GlobalGameJam2017 東京武蔵境会場 中間発表

GlobalGameJam2017 東京武蔵境会場 β発表

GlobalGameJam2017 東京武蔵境会場 最終発表

動画と言えば、今年のGGJ公式のキーノートはとても良かったです。
GlobalGameJamの説明だけにとどまらず、ゲーム作りのヒントが語られています。
日本語の字幕もついてますので、GGJで一度観た方も、まだ観たことない方も是非見てみてください。
ExtraCreditsはとても良く出来ていましたが、どうも他にも色々Gameにまつわる動画をアップされているようですね。
なるほど、どうりで完成度が高いわけだ。

キーノートでも述べていますが、GlobalGameJam2017はこれで終了ではありません。
ここが出発点なのです。
作った作品を是非色んな所で紹介してください。

そしてまだジャムに参加していない方は、是非ジャムに参加してみてください!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA