ふくしまゲームジャム2016 開催報告

2016年7月30日~31日に行われたIGDA Japan主催の「福島ゲームジャム2016
福島ゲームジャムは会場に集まった参加者が少人数のプロ・アマ混合即席チームを構成し、30時間でゲームを完成させるイベントです。
福島県郡山市のWiZ専門学校国際情報工科大学校をメイン会場にして、13のサテライト会場で一斉にゲーム制作が行われました。
ぴこすも武蔵境会場として参加しました。
ぴこすサテライトでは、6名の参加者があり、1チームで製作をスタートしました。
今回のテーマは「Distance」
このテーマを題材にしてゲーム制作を行います。
テーマは本会場にて動画配信にて発表されたのですが、機材トラブルで音声が聞こえず、テーマのスライドも映像の奥の方で全然映ってなくてテーマが分からないまま、本会場の参加者のツイートで知るというハプニングも。
DSCF3054_2

さっそく企画会議。
付箋などを使って色々と膨らませていきます。
DSCF3051_2 DSCF3053_2

数あるアイデアの中から、暗闇の中で自分の足跡を頼りにゴールを目指すというゲーム内容に決まりました。
15時頃に企画発表のプレゼン配信があり、私はそこから黒川さん主催のトークイベントに出るため、松戸に移動へ。
その後、マッチロックの後藤さんが差し入れを持って訪れてきてくれました。
niconama2 DSCF3060_2

Unityからもノベルティが届きました。
なんとUnite2016のTシャツ! ありがとうございます。
DSCF3055_2

その後はわいわいと製作を進め、21時過ぎに戻ってきてからα版の発表。
そして夜は2名を残して帰宅。
一人は近くの漫画喫茶で寝るとのことで…(ここで寝ても良かったのに)

結局残った3人とビサイドの南治さんも加わって、深夜から早朝まで延々と雑談をしていました。
ニコ生のコメントも含めて、ゲーム専門学校生の現状についてや若い人達をどうやって育てていくべきかなど、熱いトークを繰り広げてました。
一切ゲーム作ってません。
niconama1

そして朝になり、チーム全員が再びゲーム製作をスタート。
β版の発表も無事終了し、16時に全行程終了。
そこからすぐに継続開発が始まり(笑)、19時頃に解散し、軽く打ち上げを行いました。

出来上がった作品は「Footsteps in the Dark
暗がりの中、失敗しながら自分の過去の足跡を参考にしながらゴールを目指すというゲームです。
fitd_ingame

こちらからダウンロードして遊べます

現状のままだと死にゲーになってしまっているので、もう少しゲーム性を練る必要はあるかなと思いますが、コンセプトはとても面白いと思います。
今回は非常にゆるい感じで進みましたが、参加された皆様、どうもお疲れ様でした!

DSCF3067_2

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA