学生チーム対抗30時間ゲームジャム開催報告(後半)

5月28日~29日に行われたIGDA Japan主催 学生チーム対抗30時間ゲームジャム、後半戦です。
12時のβ版発表に向けて、夜も寝ずの作業です。

ところが運営の二人が月曜からの準備があるということで夜に帰ってしまい、運営不在の中ジャムを進めることに!
maji
まさにこんな感じ。

星山は夜通し今年のGlobalGameJamで作られた国内の作品を手当たり次第にプレー実況。

そして早朝6時頃。
眠気のピークです。死者続出。
DSC_1726_2 DSC_1730_2 DSC_1731_2 DSC_1732_2 DSC_1735_2 DSC_1752_2

苦悶の表情。
DSC_1727_2
ゲーム作りって楽しいなぁ

しばしの仮眠を取った後、β版の制作に向けてみんな再稼働していきます。
昼過ぎに月刊I/O編集長の藤井さんが遊びに来てくれましたので、中林さんとしばし生配信トーク。
DSCF2977_2

そしていよいよ最終報告会です!
各チームともしっかりとゲームを作り上げてきました。

東京デザイナー学院 「ACCIDENT」
4つのミニゲームからなる、色々なアクシデントに対処するゲーム。
手書きの絵と音が独特の雰囲気を醸し出していました。
DSC_0005_2

横浜デジタルアーツ専門学校 「天変地異」
突如起きる天変地異を速報や予備動作で素早く察知し、適切に回避しながらリンゴを拾っていくゲーム。
シリアスゲームにも通ずるものがあるとの評価を受けていました。
DSC_1845_2

業界人チーム 「YNK48」
郵便配達を行う女の子のゲーム。
アクシデントどこいった?って感じがしなくもないですけど、この段階でGoogleストアにアップされていたのはさすがプロ。DSC_0044_2

というわけで無事に3チームともゲームを仕上げてきました。
とはいえ、まだまだ作りが甘いのは確かなので、是非継続開発で完成度を上げて欲しい所です。
プロチーム以外の作品も面白い感じに仕上がってきていたので、どこかで遊べるようになると良いなぁ。

発表会の後は、みんなで他のチーム作品のレビュー会。
DSC_0096_2

打ち上げは引き続きぴこすでと、中林さんから提案があったのですが、後片付け大変だろということで丁重にお断りをして、近くのサイゼリアに。
仕事をした後の一杯はうまい!
…とはならず。
今回は私はゲーム作ってないですからね。
うーん、端で見てて楽しそうだったなぁ。
運営より参加する方が楽しいと思いますよ、ゲームジャムは。

今回のゲームジャムは、東京デザイナー学院の生徒さんからIGDAの小野さんに企画持ち込みで提案があり、開催の運びとなりました。
東京デザイナー学院の生徒さんはほぼ留学生で構成されていて、こういった提案が日本の学生ではなく留学生の方達からアクションがあったことは少し残念だなぁと思いました。
日本の若い学生さんたちも、もっと貪欲にアクションを起こしていって欲しいなと思ったゲームジャムでした。

各報告会の様子は、Youtubeにアーカイブとして残してあります。
是非雰囲気を感じてみてください。

IGDA Japan主催 学生チーム対抗30時間ゲームジャム 動画リスト

IGDA JapanのWebサイトでも記事が掲載されました

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA