もっとうれしい!ビブリオバトルが開催されました。

5/21(土)に ぴこすで行われたビブリオバトル。
はやいもので、今回で3回目開催です。
今回も、企画から司会まで~八王子のBiblioEi8ht代表
五十嵐さんに「おんぶにだっこ」の状態での開催でした(^_^;)

五十嵐さんの司会は、丁寧で なおかつ年代関係なく盛り上げてくれるので、バツグンの安定感。
(見習わなければっ)
私はもちろん、参加者みなさんも、ビブリオバトルを しっかりバッチリ☆楽しめたのではないのでしょうか。

この日は、ニコ生での生配信もありましたので、
注意事項・ビブリオバトルとは? などの説明後、いよいよバトル開始です!

今回はテーマありの2ゲームをやりました。
(★がチャンプ本です)
第1ゲームは、「メガネ」をテーマに バトルです。

1, Aさん『メガネ男子』 ハイブライト(編集)

2, Kさん『Gargouilles』

3, I さん 『センセイの鞄』川上弘美(著) 谷口ジロー(作画)

4, ★Mさん『プリンセスメゾン』 池辺葵(著)

5,Miさん『ホントは教えたくない資産運用のカラクリ 2

13230222_889193041207484_7966600823085300131_n


メガネそのものを話題にした本や、メガネをかけてじ~っくり読みたい本が紹介されました。
洋書の
『Gargouilles』は、ガーゴイルをテーマにしたポップアップ絵本。うちの娘をも興味しんしんでした。
『プリンセスメゾン』は、年収200万ちょっとの独身女性が、東京で理想の家を求めて歩くコミックです。
ぜひ読んでみたいと思いますっ ^ ^
休憩をはさんで第2ゲーム。「境界」をテーマにしたバトルです。
(武蔵境が主催場所なので、「境」という字から境界をテーマとしました。)

1,★Tさん 『驚きの皮膚』 傳田 光洋(著)

2,Aさん『男と女の悲しい死体』上野正彦(著)

3,Sさん『TRANSIT 美しき海の路めぐりて 琉球・台湾・香港』

4,Kさん『この世界が消えたあとの科学文明のつくりかた』ルイス ダートネル(著)

5,Miさん『おしゃれ消費ターゲット―売れるマーケットは7つの世代が決める 』 川島蓉子小原直花(著)

13240593_889193107874144_339729349673045959_n

思えば小説は紹介されず、ノンフィクションが多かったですね。
旅行雑誌
『TRANSIT』の写真がとてもキレイで、旅行に行きたくなってしまう人 続出でした。
チャンプ本は
『驚きの皮膚』。資生堂研究所の研究員であり、工学博士の著者の話が面白かったです。

観戦の方も、ただ座っているだけでなく、質問をしたりして、場を盛りあげてくれました!

チャンプには、BiblioEi8ht特製 チャンプ本の帯と、武蔵境名物とうがらしかりんとう、そして ぴこす割引券が授与されました。パチパチパチパチ☆

この後の魚民での懇親会では 大物ゲストも加わり、さらにさらに2ゲーム開催!!!!!!!!!
大いに盛り上がったのでありました。

実は、今回は遠方からいらっしゃるお客様が多かったので、
次回は是非 武蔵野市、三鷹市あたりの皆さまにも参加していただきたいな、と思っております。

また、次回開催をお楽しみに~。
次回は、私もバトラーとして参加したいと思っています♪

当日の様子はYoutubeでアーカイブが残っていますので、興味のある方は是非聞いてみてください。

IMG_2086

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA