第2回武蔵境シナリオブレスト会報告

2015年7月3日に行われました『第2回 武蔵境シナリオブレスト会』の結果報告です。
今回はスズダラーさん、南さん、ウルフマンさん、星山の4名で行いました。
奇しくも南さんとウルフマンさんがアニメの制作進行経験者だったこともあって、アニメSHIROBAKOの話で大いに盛り上がったりしました(^^
厳密に言うと、SHIROBAKOの話ではなくて、アニメ制作の裏話でしたね(笑)

全員から今興味のあるキーワードを1つずつあげてもらい、抽選で2つを選びそれをテーマにするというのがこの会の唯一のルールです。

今回のテーマは「おまもり」と「人嫌い」になりました

というわけで、ブレスト開始。

DSCF1292_3

前回は結構早めに道筋が見えたのですが、今回はかなり苦労しました。
そんな中、南さんは「おまもりを擬人化した短編を書いてみようかと思います」ということで、さくさく仕上げていました。

それぞれの執筆内容:

<スズダラーさん>

実家から離れた町に一人暮らしている、大学生の主人公。
子供の頃、祖母にもらった厄除けのお守りを、何となくいつも持ち歩いている。
人付き合いが苦手な彼は、お守り袋の中に「人」と書いた紙を入れ、「人除け」のお守りとした。
だが、相変わらずしつこく構ってくる一人の先輩がいた。
(冒頭部分の執筆でタイムオーバー)

<南さん>

ある雨の日、持ち主にポイッと捨てられた、とあるおまもりのお話。
(完成)

<ウルフマンさん>

ゴミと御札で守られたホラーハウスに押し入る市の職員。
彼らの来訪を拒むように屋敷内は多くの罠が仕掛けられていた。
無数のお守りで自らの部屋を封印し、自らの殻に閉じこもる少女。
彼らはこのホラーハウスから脱出することが出来るのか・・・?
(プロットの作成途中でタイムオーバー)

<星山>

神様が今日も人助け。
人の悩みを聞いて、そこから何かを生み出すのが日課。
もっと猫に好かれるにはどうしたらいいか?という「人嫌いの猫好き」が相談に来る。
お守りを組み合わせたら「人好きの猫」が寄ってくるお守りが作れることを教えて、いざ作成すると「人好きの猫嫌い」が寄ってきて、お互いを罵り合うケンカになってしまい…
(プロットの作成でタイムオーバー)

というわけで、今回は南さんが一通り完成させて、あとの三人は作成途中でタイムアップ。
南さんの作品はシナリオライターズギルドにアップされています。
今回もショートストーリーを作る予定でしたが、何となくオチの部分がしっくりこず、悩んでいるうちにプロットしか作れませんでした。
やはり時間が限られているので、話の組み立てをどれくらい早く出来るかがカギかと思います。
うむー、完成させたかったなぁ。
でもどっかで時間を割いて完成させる気力は無いかなー(笑)
やっぱりイベント時間中に完成させないと…

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA