防音室遮音性能

見学で「この防音室はどの程度音を遮るの?」という質問をよく受けるので、実際に録音を行ってどの程度音が低減するかを確認出来るようデータを用意しました。
非圧縮wavファイルなので大きいです[14MB])

録音にはTASCAMのDR-07を使用しました。
DSCF0482

まずはこの位置から録音を行います。
DSCF0477
音源にはテーブルの上に置いてあるCDプレイヤーを使用し、フルボリュームで再生します。
サンプルのBGMは魔王魂さんの素材を使用させていただきました。
最初は開いている状態です。
15秒のところでドアを閉めます。
DSCF0478
30秒目のあたりで扉をいったん開けて閉めた後、録音位置を後ろに下げます。
(この移動中に音量のピークがあったため、移動中の区間だけ波形データのボリュームを下げています)
50秒目あたりで移動が完了します。
DSCF0479
このあたりの位置まで下がります。
もうほぼ聞こえないと思います。
最後に1分8秒目あたりでこの位置で扉を開けた状態の音量になります。
低音はもう少し抜けてくると思いますが、ほとんど気にならない範囲です。